アルトコイン

アルトコインとは|仮想通貨取引所での買い方とおすすめ銘柄・種類一覧

投稿日:2018年3月8日 更新日:

「仮想通貨の話題にかならず出てくるアルトコインってどんなもの?」

「アルトコインというものはどうやって買えばいいの?」

と思っている読者の方も多いのではないでしょうか。

ここではアルトコインとは何か、特徴を説明した後、日本の仮想通貨取引所で購入できるアルトコインの種類一覧とおすすめ銘柄、さらにアルトコインの買い方を実際の取引所での購入方法を例に紹介していきます。

アルトコイン購入におすすめの取引所

仮想通貨におけるアルトコインとはなにか?

そもそもアルトコインという言葉はどのような意味を持っているのでしょうか?

アルトコインの「アルト」とは、英単語ではAlternative(代替の)を示しています。

つまり、何かの代替としての役割をもつコインというのが直訳となります。

この「代替の」というのは実は、「ビットコインの代替である」、という意味を表しており、ビットコイン以外の仮想通貨すべてを表現している言葉なのです。

よって、

「アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨をすべて含んだ総称」

ということができます。

アルトコインの特徴は?

ここではアルトコインがどのようにして発行されているのかは、通貨の種類によって異なりますので1つ1つは説明はしません。

ただ、ビットコインはオープンソースであり、誰でも参照できるプログラムから派生した仮想通貨です。

ですから、ビットコインの発行に関しての知識と技術があれば同じような仮想通貨を生み出すことが可能であり、それがアルトコインの発達に寄与していると簡単に理解しておくだけでいいでしょう。

 

たとえば、アルトコインの代表例であるイーサリアムという仮想通貨があります。

これは、ビットコインでは扱えない契約などの情報を持たせる利便性を追加させた仮想通貨であると考えられます。

つまり、ビットコインの技術をベースとして、新たな機能や目的を付加するために作られたものをアルトコインということもできます。

 

よって、アルトコインにはビットコインにない将来性、たとえばイーサリアムであれば契約や登記情報などを管理できる可能性を持っている、という価値をもっているため、値上がりを期待することも可能であり投資の対象になるのです。

 

また、アルトコインはグローバルな規模での規制はありませんので、次々に誕生させることができます。

そのため、アルトコインが発行されたばかりのときには、認知度もありませんし将来性がわからないために値段が低くなっています。

ここに着眼しますと、いち早く値上がりしそうなアルトコインをみつけ、値段の安いうちに購入しておく、という投資の方法が考えられます。

 

しかし、アルトコインの購入は自己責任です。

知名度のないアルトコインは誰がどのような目的で発行されているかもわからない場合もあります。

アルトコイン初心者は、くれぐれもウェブサイトでの情報だけを鵜呑みにせず、自分自身で調査してからのアルトコインの購入をオススメします。

 

ここまでをまとめますと、

「アルトコインにはビットコインにはない優れた機能や将来性があるものが存在し投資対象になりえる。しかし投資する場合には自己責任で」

ということになります。

日本の仮想通貨取引所で購入できるアルトコインの種類一覧

アルトコインのうち、日本の取引所で取引できる通貨の一覧です。

  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リスク(LSK)

このように、日本の取引所においてもさまざまなアルトコインを取引できることがわかります。

アルトコインのおすすめ銘柄は?

全世界において、仮想通貨の取引量を下に掲載します(coinmarketcap.comより引用)。

初心者にはやはり取引がさかんなアルトコイン、つまり図の上位の仮想通貨から始めてみる方がよいでしょう。

取引量が大きいということは、すでに認知度があり、みなが取引できるほどの信頼感があるということだからです。

そのなかでもビットコインに次いで取引量の多いイーサリアムとリップルは、初心者がはじめに購入を検討するアルトコインとしてはおすすめの銘柄です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは先ほども述べましたが、「スマートコントラクト」と呼ばれる、契約内容をブロックチェーンのなかに保存させる機能を持ちあわせています。

よって、将来的に契約情報や特許内容がイーサリアムですべて管理される可能性が考えられています。

いままでのように中央集権的に政府や役所が管理するのではなく、イーサリアムをもちいて管理するようになればさらにイーサリアムに対するニーズが高まります。

 

以上から、(もちろんかならずではありませんが)イーサリアムの価値がさらに上昇する未来が考えられています。

イーサリアムとは?取引所(販売所)での購入方法・買い方と今後の将来性

リップル(XRP)

リップルもビットコインにはないメリットを持っています。

リップルには国際送金を高速に処理するブリッジング通貨としての役割が期待されています。

 

現在、国際送金をしようとすると日数もかかる上、送金手数料も高額で、さらに送金途中で中継銀行の手数料がいつの間にか払われており実際送金した金額から大きく目減りした金額が送金されていたりした経験はありませんか?

 

このような不透明な送金を回避するために、例えば日本円から米ドルを送金する際にリップルを挟んで送金すると日数もかからず手数料も格安に済んでしまうのです。

 

リップルも将来性が期待されているアルトコインのひとつであります。

リップルコイン(XRP)とは?今後や将来性に関する仮想通貨ニュース

アルトコインを購入するならどこの国内取引所がおすすめ?

アルトコインを購入したいという場合、

これら3つの取引所を登録すれば、日本で取り扱いのあるアルトコインは全種類購入することができます。

 

各通貨の取り扱い状況は以下の表の通りです。

アルトコイン銘柄 Zaif(ザイフ) ビットフライヤー(bitFlyer) bitbank.cc(ビットバンク)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP) - -
ネム(XEM) - -
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアムクラシック(ETC) - -
ライトコイン(LTC) -
リスク(LSK) - -

どの取引所を利用すれば良いのか分からないという方は、とりあえず上記3つの取引所を開設しておけば全ての通貨が購入できますので間違いありませんよ。

アルトコインの買い方は?

アルトコインの買い方は、ビットコインの買い方と変わらず、たとえ取引所が変わっても、基本の部分は同じやり方になります。

ここでは例として『Zaif(ザイフ)』の画面を使って、実際にどのようにイーサリアムを購入するかを説明します。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・仮想通貨の種類!銘柄一覧と買い方を解説

Zaif(ザイフ)の登録方法と口座開設の流れ!本人確認が遅い・できない?

Zaif(ザイフ)の評判・評価と特徴!メリット・デメリットも徹底解説

Zaifでのアルトコイン購入方法を解説

まずは、マイページにログイン後に「取引」を選択します。

Zaifでは販売所の「簡単売買」と取引所の「取引」がありますので、取引所に移動します。

次に、プルダウンメニューからETH/JPYを選択し、イーサリアムの取引画面を表示させます。

すると、画面右側に「イーサリアム/日本円取引」の注文ウィンドウがあらわれますので、このボックスをもちいてイーサリアムの売買をおこなうことができます。

 

では、注文画面をみてみます。

ここでは、イーサリアムを指値注文で購入する方法を説明しましょう。

 

まずは、「ETHを買う」というページを出したあと、「指値」を選択し、買いたい価格と買いたい数量を順番に入力していきます。

そして、最後に「買い注文」をクリックすればイーサリアムの指値注文を完了することができます。

 

一方、イーサリアムを成行注文で売る方法をみてみましょう。

「ETHを売る」を選択したあと、「成行」をクリックすると、入力できるボックスは「売りたい量」というところへしか入力できなくなります。

こちらは成行注文ですので、数量だけを入力すればいいのです。

そして、数量を入力するとあとは「売り注文」をクリックするだけです。

 

以上が、Zaifでのイーサリアムの指値での買い方および成行での売り方になります。

ビットフライヤーなど販売所にしかアルトコインの取り扱いがないところに関しては、価格の指定や注文方法の指定はなく、「数量」と「購入か売却」の選択さえ行えば簡単に購入できます。

アルトコインだからといって、買い方が難しくなるということは一切ないので、積極的に購入していってみてください。

海外取引所と日本の取引所の取扱数の比較

BINANCE

日本で取り扱いのあるアルトコイン以外のものも購入したい!という方は、海外の仮想通貨取引所を利用することで取引できる銘柄は格段に増えます。

最後に、海外の取引所である『BINANCE(バイナンス)』のアルトコインをみてみます。

以下がBINANCEでの取引通貨の一部です(まだまだスクロールすると限りなく下の方まで仮想通貨が列挙されています)。

参考:Binance(バイナンス)取り扱い通貨・銘柄一覧|コインの買い方・購入方法

日本の取引所と比較するとくらべものにならないくらいの取引通貨数の多さに驚いてしまいます。

BINANCEコインと呼ばれる取引所独自が発行している通貨を含めて、現在米ドルで取引できる数はなんと200種類以上。

 

BINANCE取引所の運営方針はユニークで、ユーザーが取引したい通貨を投票で選び、それを取引所の取引通貨として採用しているのです。

このため、取引可能な仮想通貨の数が膨大になっているといえます。

 

このように海外の取引所まで視野を広げると、またさまざまなアルトコインをみつける楽しさがまた増えるので、慣れてきた方は海外取引所の利用も視野に入れると良いでしょう。

Binance(バイナンス)評判とメリット|日本語対応の海外仮想通貨取引所

バイナンス(BINANCE)口座開設できない?登録方法と2段階認証設定

まとめ

この記事ではアルトコインとはなにか?ということから始め、その特徴や取引するメリットを説明してきました。

アルトコインに興味を持ち始めた初心者の方は、まずイーサリアム、リップルあたりから購入を検討されると良いでしょう。

慣れてきたら、海外の取引所であるBINANCEを利用するのも手です。

 

アルトコインは認知度の高いものから低いものまで混在し、その将来性も限りなくあるアルトコインもあります。

まずはメジャーなアルトコインから始め、すこしずつ将来性のあるマイナーなアルトコイン探しを始めるのがおすすめです。

アルトコイン購入におすすめの取引所

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-アルトコイン

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.