ビットコイン

ビットコインの買い方・購入方法と初心者におすすめの取引所を比較紹介

投稿日:2018年2月18日 更新日:

ビットコイン(Bitcoin)といえば、今や聞いたことがない人はいないほどブームになりました。

2017年には仮想通貨バブルなどとも呼ばれ、ビットコインの価格が暴騰したことから買いたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

今回はビットコイン(Bitcoin/BTC)はどこで買うのか、購入場所とともに、仮想通貨取引所での買い方・購入方法の流れを画像付きで解説します。

最小購入単位や手数料安く買える初心者におすすめの取引所も比較紹介しますので、これから始めるという方はぜひ参考にしてみてください!

ビットコインはどこで買うの?購入場所一覧

ビットコイン(Bitcoin)といえば、今とても注目を浴びている次世代の通貨です。

どんどん値段が上昇しておりこれからの値動きが期待されています。

ビットコインを買ってみたいけど、どこで買うのか、買えるのか分からない・・・

そんな方のためにビットコインの購入場所や買い方などをご紹介しています。

仮想通貨取引所

仮想通貨を買う方法はいくつかありますが、一般的な買い方は仮想通貨取引所、仮想通貨交換所と呼ばれるところで購入する方法です。

仮想通貨取引所とは株式取引で言う証券会社にあたるところで、仮想通貨の銀行のような場所になります。

ビットコインを仮想通貨取引所で購入するのはとても簡単で、ほとんどの方は最初にビットコインを購入する時は仮想通貨取引所で購入しています。

仮想通貨取引所でビットコインを購入する方法については、後ほど詳しく解説します。

ビットコインATM

ビットコインATMとは銀行のATMのようにビットコイン専用のATMのことで、簡単にビットコインを購入することができます。

また日本円でビットコインを購入できるだけでなく、すでに保有しているビットコインを日本円に交換して出金することも可能です。

ATMの操作だけで簡単にビットコインを購入することができるので大変便利なのですが、残念なことに日本国内に設置してあるビットコインATMの台数はまだ数十台程度ととても数が少ないのが現状です。

しかもその大部分は東京や都心部に集中しており、地方にはほとんどありません。

世界中には2,000台弱ほどのビットコインのATMがありますが日本では到底その数には及びません。

今後日本でもビットコインATMは急速に普及してくると考えられていますが、まだ数年先のことになるでしょう。

OTC取引

OTC取引とは、「Over the counter取引」の略で、仮想通貨取引所を利用せず、ビットコインの売買を希望する人同士で直接取引をするやり方で「相対取引」とも言われます。

仮想通貨取引所を利用しないので、

  • 余分な手数料がかからず2者間で自由に交渉することができる
  • お互い希望する値段で売買取引が成立しやすい

というメリットがあります。

OTC取引は少額取引にはあまり用いられず、大口取引の時に利用されることが多いようです。

取引量が少ない取引所で大口注文を出した場合、相場のバランスが一気に崩れ市場に大きな影響を与えてしまうことがあります。

その点OTC取引は市場に影響を与えることなく取引をすることが可能です。

しかし取引をする相手を探すのが大変というデメリットがあります。

仲介してくれるサイトもありますが、詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性も否めないため信頼していいかどうかの判断が難しいです。

コンビニで購入できる?

初心者の方などは、「ビットコインってコンビニで買えるの?」と思われる方も多いと思います。

現在、コンビニでビットコインを直接買うことはできません。

 

しかし、コンビニの利用用途は全くないというわけでもなく、仮想通貨取引所の口座へビットコインを購入するための資金を入金することは可能となっています。

コンビニのレジやロッピー、ファミポートなどの端末から手続きをします。

取引所に銀行口座を登録していなくても簡単に入金できるので大変便利です。

 

またコンビニから入金する方法は「クイック入金」と言って、ほぼリアルタイムで反映されるため入金から取引までが早いのが特徴です。

24時間いつでも入金ができるというのもありがたいですね。

 

とはいえ、コンビニからの入金にもデメリットがあります。

というのも、手数料が銀行振込は300円ちょっとの手数料に対し、コンビニ入金は500円〜600円以上とやや高めの設定となっているのです。

他には、

  • 購入最低金額が決まっている
  • 一部対応していないコンビニがある
  • コンビニ入金した額の半額程度が7日間資金移動が制限される

という点もデメリットとして挙げられるでしょう。

ビットコインを仮想通貨取引所で購入する流れ

ビットコインを仮想通貨取引所で購入する流れをざっと説明すると以下の通り。

  1. 仮想通貨取引所にアカウントを開設する。
    • メールアドレスやパスワード、個人情報などを入力すると簡単にアカウントを開設することができます。
    • ヤフーやフェイスブックなどと連動している取引所もあり、それらのアカウントを利用すると個人情報を自動で引き継いでくれるため入力する手間が省けます。(ただしセキュリティの観点からは連動はさせない方が良いでしょう。)
  2. 取引所の本人確認が行われる。
    • 国内の取引所はすべて本人確認が行われます。
    • 免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書をアップロードするだけです。
  3. 取引所の口座に入金をする。
    • 取引所で本人確認が終了すると、取引が可能となります。
    • ビットコインを購入する前に取引所にあらかじめ入金しておく必要があります。
    • 銀行振込やペイジー、コンビニ入金など様々な方法で入金することができます。
  4. ビットコインを購入する。
    • 入金が反映されたらビットコインを購入することができるようになります。

取引所の口座開設には郵送による本人確認などがあるため多少の時間がかかりますが、口座開設さえ済ませてしまえば、すぐにでもビットコインを購入することが可能となっています。

ビットコインの最小購入単位は?いくらから買える?

これからビットコインの取引を始める方にとって、「いくらから買えるのか?」その最小購入単位が気になるところだと思います。

取引所では、「BTC/JPY:〇〇円」と表示されており、これは1BTC(ビットコイン)が日本円で〇〇円という意味になります。

 

ですが、1BTC(ビットコイン)が最小購入単位というわけではありません。

ビットコインは小数点単位で購入することが可能なのです。

 

最低購入単位は各取引所ごとに設定されており、0.0001BTC〜0.001BTCが主流です。

最低購入単位が少ない取引所の場合、0.0001BTCから購入できるため100円ほどで購入できることになります。

これならどんな方でも気軽にビットコインが買えますね!

BTCよりも小さい単位として『Satoshi』もある

ちなみに、実はビットコインよりも小さい「Satoshi」という単位があります。

これはビットコインの考案者である『サトシ・ナカモト』の名前からとられているのですが、BTC(ビットコイン)との関係を記すと、

  • 1BTC=100,000,000Satoshi(1億Satoshi)
  • 1Satoshi=0.00000001BTC

となります。

仮に1BTC=1,000,000円とすると1Satoshi=0.01円ということです。

販売所と取引所どちらで購入するのがお得?

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」と呼ばれる2つの購入場所があります。

販売所とは?

販売所では、取引所があらかじめ購入したビットコインをユーザーに直接販売しています。

値段も取引所が設定していてネット通販で商品を購入するのと同じように簡単に購入することができます。

  • メリット
    • 相場の変動を細かく気にせずに決まった値段で買える。
  • デメリット
    • 仮想通貨取引所が手数料を上乗せして販売しているため取引所で購入するよりも値段が高い。

取引所とは?

「取引所」はビットコインを買いたい人と売りたい人が集まり取引を行う方法です。

需要と供給の関係で相場が決まり、株式投資やFXのように常に価格が変動しています。

  • メリット
    • 販売所よりも手数料が低いため安く買える。
    • 相場に合わせて成行注文と同じことができる。
    • 指値注文で希望する値段で買える可能性がある。
  • デメリット
    • 相場が常に変動しているのでチャートの動き次第では希望価格で買えない。

販売所の方が簡単にビットコインを買えますが、手数料分どうしても高くなってしまいます。

そのため少しでも安く買える取引所がおすすめです。

ビットコインはクレジットカードでも購入可能

ビットコイン(BTC)はクレジットカードでも購入することができます。

すべての取引所がクレジットカードでの購入に対応しているわけではありませんが、一部の取引所では利用することができます。

クレジットカードで購入するメリットとデメリット

ビットコインがクレジットカードでお手軽に購入できるのはメリットがある反面、デメリットも存在します。

  • メリット
    • 急激に相場が動いている時でもすぐに購入することができる。
    • 手持ちの現金が少なくてもカードの上限枠まで購入することができる。
  • デメリット
    • 銀行振込やコンビニ入金など他の入金方法よりも手数料が圧倒的に高く、取引所ごとに料率は変わるものの約10%ほどかかる。
    • クレジットカードで購入した分は7日間売却や送金ができないなどの制限がある。
    • 債務超過に陥る恐れがある。

現在、国内外問わず、利便性よりも利用者保護を第一にという観点からクレジットカードでの購入を制限する動きが見られます。

値動きが激しいため加熱しすぎて使いすぎる人が増えているようですね。

クレジットカードで購入する時は計画的に利用するようにしましょう。

ビットコインの買い方を画像付きで簡単解説!

それでは実際の取引所のキャプチャ画像とともに、ビットコインの買い方をご紹介します。

なお、ここでは大手仮想通貨取引所『bitFlyer(ビットフライヤー)』を例に解説していきます。

細かい違いはありますが、他の取引所でも同様に購入することができます。

取引所での購入方法

ビットコインの購入方法として、取引所と販売所の2通りあることは説明しましたが、まずは取引所での買い方を解説します。

なお、入金までは取引所にしろ、販売所にしろ同じ工程になります。

1.取引所に入金する

取引所にログインしたら「入出金」のメニューを選択します。

2.入金方法を選択

銀行振込なりで日本円の入金を済ませましょう。

 

なお、振込手数料を安く済ませたいなら、『住信SBIネット銀行』を開設しておくのがおすすめ。

ほとんどの仮想通貨取引所にて『住信SBIネット銀行』が使用されており、同行同士ということで手数料無料で入金ができます。

3.「ビットコイン取引所」を選択

もし販売所で購入したいなら、「ビットコイン販売所」を選択する形になります。

ただ前述した通り、取引所で購入する方が手数料安くお得に買えます。

4.購入したいビットコインの数量を入力し、「コインを買う」を選択

数量の隣にある価格の項目から金額を指定しても購入することができます。

数量指定か、購入価格指定か、どちらかお好きな方で購入しましょう。

以上で簡単にビットコインを購入することができます。

スマホでも簡単に購入可能!販売所での購入方法

ビットコインは、取引所がリリースしているスマートフォンアプリでもビットコインを購入することができます。

今回は販売所で購入する方法を紹介していきます。

1.アプリを起動してビットコインの欄をタップ

ビットフライヤーはスマホアプリをリリースしていますが、中にはアプリは未対応の取引所もあります。

その場合でもネットブラウザよりスマホから購入することができます。

2.数量を入力し「買う」を選択

数量を入力すると下に予想価格が表示されます。

問題がなければ、そのまま「買う」を購入しましょう。

以上でスマホでもビットコインを簡単に購入することができます。

販売所の方が購入方法としては簡単かもしれませんね。

初心者におすすめのビットコインが購入できる取引所

ビットコイン(Bitcoin)は、仮想通貨の中でも代表的な通貨ということで、国内にある全ての仮想通貨取引所で購入することができます。

現在、日本国内にある仮想通貨取引所で、金融庁に仮想通貨交換業者として登録済みの取引所は

となっています。

どれも良いところ、悪いところがあるので、ゆくゆくは目的に応じて使い分けるのがベストですが、これから仮想通貨取引を始めるという初心者にオススメの取引所はどこなのか厳選してご紹介します。

初心者なら安心感の高いビットフライヤーがオススメ

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で初めて設立された国内最大手の取引所

レバレッジをかけたビットコインFXの利用が可能

モナコインやライトコインなどアルトコインの取引銘柄も豊富

盗難・損失の際の補償サービスあり

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大のユーザー数と取引量、資本金を誇る取引所で国内第1位となっています。

リクルートやGMO、三菱UFJキャピタル、電通、SBIインベストメントなど大手企業が出資していて最も資金力がある取引所です。

実績ある取引所なので、初心者の方でも安心して利用することができます。

 

国内で初めて設立された取引所でもあり、仮想通貨の先駆け的存在で知名度も抜群です。

成海璃子さんが出演するCMなどでもお馴染みですね。

 

またパソコン版、スマホ版ともにアプリの使い勝手がよく、初心者でも操作に迷うことなく使用できます。

そしてビットフライヤーはセキュリティの強化にも力を入れており、次世代暗号システム、最高強度の暗号化技術の導入による通信セキュリティの確保、不正アクセスの常時監視が行われています。

さらには不正ログインされた際の補償サービスも初めて取り入れた取引所でもあり、最も安心して資産を預けることができる取引所だと言えるでしょう。

 

国内最大の取引量と資本金、高いセキュリティシステムのビットフライヤーは、初心者がまず口座開設するにはオススメの取引所です。

手数料が安いZaif(ザイフ)もオススメ

Zaif(ザイフ)

ビットコイン以外の取り扱い通貨にも取引所があり手数料が安い

ネム(XEM)などアルトコインのほか、独自トークンの取り扱いもあり

ビットコインをクレジットカードで購入することも可能

毎月1000円からのZaifコイン積立が可能

ビットフライヤーと同じく人気が高い取引所のひとつにZaif(ザイフ)があります。

ザイフは取引高に応じたキャンペーンを頻繁に行っており、最も魅力的な点は、ビットコイン売買手数料が-0.01%で、何とマイナスという点です。

 

通常、取引をする度に手数料を支払わなければなりませんが、逆に手数料分もらえるというびっくりするような仕組みです。

手数料は少額資金や売買回数が少ないとさほど気になりませんが、取引金額や回数が大きくなってくるとその差は歴然です。

少しでも手数料が抑えられる取引所で取引したいものです。

 

また1日1回、Zaif Exchangeに預けられたビットコインの前日残高に対し、0.01%の利殖ボーナスとして用意されます。

条件はあるものの最大で年3.6%にもなりますので、かなりお得。

 

さらに、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)に関して、販売所ではなく取引所で購入することが可能で、その他の仮想通貨の購入にあたっても手数料安く買えます。

ビットフライヤーと並んで、初心者がまず開いておきたい仮想通貨取引所の1つです。

各取引所のビットコイン取引手数料を比較

最後に、参考までに各仮想通貨取引所でのビットコイン取引手数料の比較表を紹介します。

日本国内の仮想通貨取引所 売買手数料(%)
Zaif -0.01
bitbank 0
GMOコイン 0
DMM Bitcoin 0
BITPoint 0
QUOINEX 0
bitFlyer 0.01~0.15
BitTrade 0.2

※2018年2月時点の情報です。手数料は時期によって変更される可能性があります。

ビットコインの買い方・購入方法まとめ

ビットコインの購入方法・買い方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

少しでもお得にビットコインを購入するなら、手数料が安い取引所で購入する、銀行振込で入金するというのが鉄則です。

しかし、値動きが激しい時、急に売買をしたいという時は臨機応変に使い分けるというのもひとつの方法です。

またビットコイン以外に目を向けるならば、それぞれの取引所でしか買えない銘柄などもありますので、慣れてきたら他の取引所も利用されるのがオススメです。

初心者にオススメの取引所

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

使いやすくて手数料が安いおすすめFX業者

DMM FX

トレーディングツールが豊富で使いやすい

スプレッド(手数料)が最安値

チャートが使いやすく直観的な注文や操作が可能

スマホアプリが使いやすい

GMOクリック証券

FX取引高日本1位の国内最大手FX業者

スプレッド(手数料)が最安値

ドル円のスワップポイント(金利)が最高値

スマホアプリが使いやすい

OANDA Japan

高機能トレーディングツールMT4が使用可能

MT4スプレッド(手数料)が世界最狭水準

MT4を使った細やかな分析が可能

スマホ・タブレット版のアプリが使いやすい

-ビットコイン

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.