BitTrade

ビットトレード(BitTrade)口座開設・登録方法と二段階認証の設定

投稿日:

ビットトレード(BitTrade)の口座開設・登録方法から、セキュリティを上げる二段階認証設定のやり方まで紹介します。

登録できない場合の対処法や本人確認書類の承認やハガキ受け取りまでの期間や日数もまとめたので、登録にあたり躓いてる方などぜひ参考にしてみてください!

BitTrade(ビットトレード)

リップル(XRP)、モナコイン(MONA)などアルトコインが取引所で購入可能

全取り扱い通貨が取引所形式なので指値注文が可能

コールドウォレット、マルチシグ対応でセキュリティーが強固

チャートが見やすくスマホにも完全対応

BitTrade(ビットトレード)とはどんな仮想通貨取引所?

ビットトレード

BitTrade(ビットトレード)は、2016年9月に国内に設立された仮想通貨取引所です。

現在、仮想通貨取引を行う際はセキュリティ問題がかなり重要視されていますが、ビットトレードはコールドウォレット&マルチシグといった高水準のセキュリティを備えていますので、セキュリティが気になる方も安心して取引を行うことができる取引所といえるでしょう。

また、ビットトレードは販売所ではなく取引所になるため、ユーザー間で仮想通貨の売買を行うことになります。

そのため、その取引所はどのくらいのユーザー数を抱えているかといった点が重要になるのですが、ビットトレードはイメージキャラクターに小島瑠璃子さんを据え、その存在をアピールしています。

詳しい特徴は以下の記事にてまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。

ビットトレード(bittrade)の評判・特徴・手数料|ビットバンクとの違い

BitTrade(ビットトレード)の口座開設・登録方法を紹介

それでは、BitTrade(ビットトレード)の口座開設方法、及び二段階認証等の方法を具体的に見ていきましょう。

BitTrade(ビットトレード)の公式サイトへアクセス

ビットトレードの口座開設を行うためには、まず公式サイトのトップページにアクセスしましょう。

ビットトレード口座開設(公式サイト):
https://bittrade.co.jp

メールアドレスでアカウント登録

すると、デザインは時期によって変動するかと思いますが、以下のようなビットトレードのトップページが表示されます。

メールアドレスを入力する欄がありますので、そこに入力して「会員登録」ボタンをクリックしましょう。

 

会員登録ボタンを押すと、再度メールアドレスを登録するフォームが表示されます。

しかし、すでにメールアドレスの「登録」は終わっているので、入力したメールアドレスにビットトレードからのメールが届いているはずです。

もし届いていないようでしたら、再度上記でメールアドレスを登録し直してください。

メールを確認してパスワードを設定

ビットトレードからのメールを確認し、指定のリンクをクリックします。

 

 

すると、下記のようなパスワード設定画面が表示されますので、アカウントのパスワードを設定しましょう。

なお、誕生日や単純な数字等、推測されやすいパスワードは避けて登録しましょう。

パスワードを入力し、各チェック項目に同意したら「登録」ボタンをクリックします。

本人情報の登録

続いて、本人情報の登録画面が表示されますので、名前、生年月日、住所など自身の本人情報を正しく入力し、「次へ進む」ボタンをクリックします。

名前や住所などは、この後に提出する本人確認書類と一致したものでなければなりませんので、注意してください。

 

引き続き、取引の目的や職業、外国の重要な要人に該当しないかどうかを問われますので、こちらも正しく入力した上で「確認」ボタンをクリックしましょう。

 

すると、最後に今まで登録した情報が表示されますので、間違いがなければ「登録」ボタンをクリックします。

もし入力ミス等が確認された場合は、「キャンセル」ボタンを押してもう一度入力します。

本人確認書類のアップロード

無事本人情報の入力が完了し登録を行うことができたら、下記の画面が表示されますので、続いて本人確認書類のアップロード作業に移ります。

「本人確認書類のアップロードに進む」ボタンをクリックしましょう。

 

すると、どの本人確認書類をアップロードするかの選択画面になりますので、自身がアップロードに使用する本人確認書類を選択し、表と裏の画像をアップロードします。

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

の4つが利用できます。

私の場合は運転免許証を選んだので、本人確認書類の種類は「運転免許証」を選択し、その後、運転免許証の表面と裏面の画像ファイルをアップロードしました。

画像のアップロードは、運転免許証のイラストの枠の部分をクリックするとファイルが選択できるようになります。

画像はスマホなどで撮影したもので構いませんが、不鮮明なものだと再提出を求められるため、なるべく鮮明なものを撮るようにしてください。

画像のアップロードが完了したら、そのすぐ下の「アップロードする」ボタンをクリックしましょう。

 

すると、本人確認書類の内容確認画面が表示されますので、問題なければ「この内容で登録する」ボタンをクリックします。

以上で登録完了画面が表示されますので、ひとまずは登録手続きは完了です。

ビットトレード社による本人確認の承認とハガキの到着を待つ

本人確認書類を提出すると、ビットトレード社側にて本人確認の審査が行われます。

そして本人確認の審査が完了次第、ビットトレードから住所確認のはがきが送付されますので、そちらの到着を待つ形になります。

この本人確認が終わらなければ、マイページへのログインはできますが、まだ取引は行えません。

 

送付されるはがきは転送不要、要本人受け取りの郵便となりますので、配達され次第遅滞なく受取るようにしましょう。

保管期限が過ぎてしまった場合、ビットトレード側に返送されてしまうことになります。

はがきの受け取りをもってて、口座の開設の流れは全て完了となります。

ビットトレードに登録できない?本人確認にかかる期間は?

以上の流れを見ていただいた通り、ビットトレードの口座開設方法は特に難しい点はなく、ほとんどの方は問題なく行えると思います。

ですが、登録できない、口座開設できないという場合もあり得ますので、考えられるパターンと対処法をまとめます。

確認メールが届かない場合

ビットトレード社からの確認メールが届かない場合、まずは迷惑メールフォルダに振り分けられてしまっていないか確認しましょう。

迷惑メールにも入っていない場合は、登録したメールアドレスが間違っていた可能性が高いです。

再度、正しいメールアドレスで登録をし直しましょう。

本人確認が承認されない場合

本人確認が承認されない場合、登録した情報と本人確認書類の情報が一致していないことが考えられます。

再度確認してみて、登録する情報の方を本人確認書類の情報と合わせるように入力しなおしましょう。

本人確認書類の承認からハガキ受け取りまでにかかる日数・期間・時間

あとはビットトレード社側の本人確認はいつ終わるのかなども気になるところだと思います。

ビットトレードの口座開設における本人確認審査に要する時間は、早ければ1営業日内に完了します。

ただ、口座開設申込の混み具合、正しい本人確認書類が送付されたかどうかによってもかかる時間は異なりますので、もし審査にあまりに時間がかかるようであれば一度ビットトレードに問い合わせてみた方が良いかもしれません。

 

また、審査が完了してからユーザーが郵便物を受け取り、取引を始められるようになるまでの期間は長くても一週間程度とのことです。

国内の仮想通貨取引所の中でも対応は早い方だと思います。

ですが、こちらも郵便の配達状況等によって異なりますので、本人確認の審査は完了しているのに、いつまで経っても郵便物が届かないといった場合にはサポートに問い合わせてみた方が良いでしょう。

ビットトレードの二段階認証設定のやり方

アカウントの開設が無事完了したら、続いてアカウントの二段階認証を設定しておきましょう。

二段階認証とは、アカウントにログインする際等に、通常のパスワード以外に自分のモバイル端末の二段階認証用アプリに表示されている番号を同時に入力することにより、アカウントのセキュリティを高める手法です。

取引を行う前にはしっかりと行っておかれることをオススメします。

二段階認証の設定方法

二段階認証を行う場合は、アカウントの左メニューより「セキュリティ画面」を開き、二段階認証の「設定」ボタンをクリックします。

 

すると、下記のような画面が表示されますので、QRコードをお手持ちのスマホ等のGoogle AuthenticatorかIIJ SmartKeyといったアプリで読み込み、表示される番号を「認証コード」欄に入力します。

アプリをお持ちない方は、下のアプリのリンクよりインストールできます。

どちらでも構いませんが、多くの場合はGoogle Authenticatorを利用されているケースが多い印象です。

認証コードが入力できたら、「設定」を押せば、アカウントの二段階認証作業は完了です。

 

以降はログイン時に登録したメールアドレスやパスワードの他、二段階認証コードを尋ねられることになりますので、お持ちのスマホ等にインストールされたGoogle AuthenticatorやIIJ SmartKeyといったアプリを起動し、表示される番号を入力することでログインが可能となります。

二段階認証を設定しておくことで、設定されたスマホ等のデバイスを持っていない場合はアカウントへのアクセスが不可となるため、アカウントのセキュリティが向上するといった形になります。

ただ注意したいのは、もし二段階認証を設定しているモバイルデバイスが破損してしまったり紛失してしまった場合はアカウントにログインできなくなるといった点です。

そのようなケースに備えて、スマホを複数台持っている場合はそれぞれに二段階認証アプリを設定したり、またQRコード自体を保存しておくといった工夫が必要です。

SMS認証の設定方法を画像付きで解説

引き続き、ビットトレードで取引を行う場合はSMS認証を設定しておくこともお薦めします。

SMS認証を設定するためには、二段階認証設定時と同様に、アカウントのセキュリティ画面を開き、SMS認証欄の「設定」ボタンをクリックします。

 

すると、携帯電話番号を入力する画面になりますので、お持ちの携帯電話番号を入力し、「送信する」ボタンをクリックします。

暫くすると入力した番号宛にSMSが送信されてきますので、そこに記載されている番号を入力し、「設定」ボタンをクリックすればSMS認証完了です。

ビットトレード(BitTrade)口座開設・登録方法まとめ

今回は仮想通貨取引所『ビットトレード(BitTrade)』の口座開設・登録方法をまとめました!

ビットトレードの登録方法は簡単で、本人確認も早めとなっています。

口座開設・維持費は無料で、以下より登録可能です。

ビットトレード口座開設(公式サイト):
https://bittrade.co.jp

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-BitTrade

Copyright© ToushiBlog , 2019 All Rights Reserved.