coincheck

コインチェック(coincheck)は手数料高い?評判・口コミやメリットとは

投稿日:2017年12月21日 更新日:

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引高・アプリの利用者数が日本一の取引所

ビットコイン以外(アルトコイン)の品揃えが国内トップ

サイト・アプリが使いやすく初心者向き

盗難・損失の際の補償サービスあり

コインチェック(coincheck)は、取引高日本一、アプリ利用者数日本一に輝いている今最も人気を集めている仮想通貨取引所です。

今回はコインチェック(coincheck)とはどんな仮想通貨取引所・販売所なのか、メリットとデメリットをまとめました。

またトレードにあたり重要となる手数料は高いのか、利用者の評判・評価・口コミもあわせてご紹介します!

コインチェック(coincheck)とは?

コインチェック(coincheck)とは、日本国内において

  • 取引高No.1
  • アプリ利用者数No.1

に輝いている仮想通貨の大手取引所です。

ビットコインの取引高でいうと、bitFlyerがずっと日本一を貫いていたのですが、最近はコインチェックがぐんぐんと追い上げて来ており、ついには日本一に。

ユーザーからはアプリが使いやすいと評判になっており、今最も熱い仮想通貨取引所と言っても過言ではない仮想通貨取引所です。

出川哲朗さんが出演しているCMでも話題に!

コインチェックといえば、最近はお笑い芸人の出川哲朗さんがCMに出演していることでも話題沸騰中です!

まだCMを見たことないという方は、ぜひこちらで見てみてください。

出川さんならではともいうべきか、笑える内容になっており、仮想通貨がより馴染み深いものに。

このCMがきっかけで仮想通貨ブームが来るよ!などとも噂されているぐらい、仮想通貨業界に貢献している取引所でもあるのです。

代表は若手社長の和田 晃一良さん

そんなコインチェックを率いているのが、若手社長の和田 晃一良さん。

和田 晃一良さんは1990年生まれの現在27歳という若手社長。

東京工業大学卒業で、在学時(大学3年生)に起業を果たしています。

累計100万部「ビリギャル」 を産んだSTORYS.JPを手がけた人物でもあり、coincheckの全システムの開発も和田さんが手がけている凄腕エンジニア。

そんな人が代表を務めているわけですから、これからますます成長が期待される会社ともいえますね。

コインチェックの運営会社情報

会社名:コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
設立年月:2012年8月28日
資本金:9,200万円
代表取締役:和田晃一良
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F

coincheck(コインチェック)を利用するメリットは?

それではコインチェックを仮想通貨取引所として利用するメリットは一体何なのか?

1つずつ見ていきましょう!

サイトのチャートが見やすくて使いやすい!

コインチェックのメリットとして、多くのユーザーから声があがっているのが。

サイトのチャートが見やすくて使いやすい!

ということです。

百聞は一見にしかずなので、コインチェックのトレードビューを見てみましょう。

こちらはPCで見たときのコインチェックのトレードビュー(チャート画面)になります。

右下の部分で

  • 成行、指値・逆指値
  • 買い注文・売り注文

など、すぐに希望の注文方法で注文ができます。

また1分足、5分足、15分足などローソク足の時間幅の切り替えもワンクリックで行えます。

実際に使ってみて使いにくいと思う部分は1つもありませんでした。

利用者数No1のアプリも使いやすい!

またコインチェックはアプリ利用者数No1に輝いているだけあって、スマホアプリの使いやすさも抜群。

こちらがコインチェックのスマホアプリ画面です。

ご覧の通り、何操作もすることなく、ワンタップで

  • 見たいチャートの時間の変更
  • 見たい仮想通貨の銘柄のチャート

が瞬時に切り替えることができます。

 

さらにこんな感じでスマホのウィジェットにコインチェックのアプリを設定することもできます。

こうすればアプリを起動せずともホーム画面で右にスワイプするだけで各暗号通貨の現在の値段を確認することができます。

アプリが使いやすいというのはトレードをして行く上で大事なポイント。

コインチェックはそれを満たしており、このアプリを使うためだけにでも登録する価値があるといえますね。

アルトコインの銘柄が豊富!

コインチェックの大きな強みとして、ビットコイン以外の通貨、すなわちアルトコインの取引銘柄が豊富に取り揃えられているということが挙げられます。

具体的には、2017年12月現在、ビットコインを含めて以下の13種類の取引が可能となっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガ(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

同じく大手取引所のビットフライヤーではビットコインを含めて6種類しか取り扱いがありませんので、比較すると倍以上多いことがわかりますね。

コインチェックのアルトコインの取り扱い数は国内の取引所でトップレベルです。

 

仮想通貨投資といえば、最初はビットコインから購入するのが王道かもしれませんが、
仮想通貨トレードを続けていれば、必ずアルトコインも購入したくなります。

ビットコインは現在すでにかなりの金額まで急騰していますが、アルトコインはまだまだこれからというものが多いです。

そんな時、コインチェックではその選択肢が多いというわけなので、これから仮想通貨投資を始める上では見逃せないメリットだと言えるでしょう。

仮想通貨損害補償サービスがあって安心!

仮想通貨投資をいざ始める!となった時に、不安になるのは投資したデータが盗難・消失しないかという点ですよね。

ハッキングによってユーザーの保有していたビットコインが消失した「マウントゴックス事件」は耳に新しいかと思います。

なので、安心して取引ができる環境が整えられているかということも取引所を選ぶに当たっては重要なポイントです。

 

その点、コインチェックでは2017年6月より国内では初の仮想通貨損害補償サービスの提供を開始しました。

これはアカウントが不正ログインなどで仮想通貨が盗難されてしまった場合にその損失を保証してくれるというサービスです。

この保証は「2段階認証」をした上での被害が前提ですが、1回あたり最大100万円まで保証してくれますので、安心して任せられる環境が整っているといえますね。

セキュリティ面や経営陣に安心感がある

まずシステムのセキュリティ面に関してですが、SMSとGoogle社が提供する認証アプリによる2段階認証が採用されており万全にされています。

そして仮想通貨というと、まだ新しいものなだけに、「怪しい」とか「危ない」とか「怖い」とかなどのイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、コインチェックは先ほど紹介した通り、代表の和田 晃一良さんが凄腕のエンジニアで、ツイッターなどで顔出しの上、情報発信なども行なっています。

またコインチェックのCOOである大塚雄介さんも仮想通貨に関する著書を出版していたりなどしており、経営陣にも安心感がもてると言えるでしょう。

coincheck(コインチェック)のデメリット

良いところがあれば悪いところがあるのも必然で、コインチェックにもデメリットがあります。

その点について順に見て行きましょう。

取引手数料(スプレッド)が高いと言われがち

トレードを行う上で気にしたいのが手数料になりますが、コインチェックでは取引の仕方によっては手数料が高くなりがちになってしまいます。

どういうことなのかというと、仮想通貨の売買には

  • 取引所
    • 取引したい値段をユーザー同士で決めて売買を行う。
  • 販売所
    • コインチェックなど取引所と売買する。価格は販売所によって決められた価格。

この2つがあります。

そちらこの2つのどちらが安く買えるのかというと、ユーザー同士で売買する「取引所」になります。

販売所の場合は、実質的な手数料に相当する「スプレッド」というマージン料金が取られるため、割高になってしまうのです。

 

じゃあ、全ての取引を取引所で行えば良いじゃん!

と思われるかもしれませんが、コインチェックにはビットコイン以外(アルトコイン)に関しては販売所のみでしか売買が行えません。

 

一方で、仮想通貨取引所のZaifにはアルトコインの取引所もあります。

そうなった時に比較して、コインチェックの方が手数料が高くなりがちになってしまうというわけです。

なので、アルトコインの取引も検討している方はZaifにも登録しておくのがオススメです。

取り扱いのないアルトコインも存在する

コインチェックではアルトコインを豊富に扱っていると言っても、コインチェックに取り扱いのないアルトコインも存在します。

それが「トークン」と呼ばれる仮想通貨。

トークンの定義としては色々な説明がありますが、「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」と認識されていることが多く、その種類は膨大な数があります。

ですので、取引したい仮想通貨がコインチェックにない!ということに陥ることも珍しくないのです。

将来的に幅広く取引したいと考えている方は、トークンの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所「Zaif」も口座開設しておくのがオススメです。

仮想通貨の積立ができない

仮想通貨の投資をする人の中には、仮想通貨の積立がしたいという人もいると思います。

積立とは、毎月決まった分だけコツコツと買っていくことです。

「暗号通貨に将来性を感じるから、金やプラチナのように積立したい」

みたいなイメージですね。

しかし、コインチェックでは現時点において、仮想通貨の積立ができません。

売買を繰り返すのではなく長い目で積立がしたいという方は、Zaifコイン積立がある「Zaif」がオススメです。

信用取引のレバレッジが5倍


コインチェックでは、信用取引でのレバレッジが最大5倍までとなっています。

信用取引とは、自分が口座に入れている資産以上の取引を行うことで、FXをやっている人なんかには馴染み深いハイリスクハイリターンの取引です。

 

コインチェックでは、その取引の倍率が資産の最大5倍までということです。

bitFlyerでは最大15倍、Zaifでは最大7.77倍となっていますので、レバレッジを大きくかけたいという方には不自由に感じるかもしれません。

 

ただ不慣れな初心者のうちはリスクの高いレバレッジをかけた取引はまずしない方が良いので、そういったリスクをシステムが防いでくれていると考えれば良い点とも捉えられますね。

コインチェックの評判・評価・口コミまとめ

コインチェック利用者の評判・評価・口コミをまとめました。

利用者の評判をまとめると

  • 良い評価
    • アプリが使いやすい
    • 対応通貨が多い
  • 悪い評価
    • 手数料が高い
    • 取引所がビットコインしかないのが残念

という感想が多いようです。

他と比べて劣る部分もありますが、コインチェックのアプリの使いやすさは秀逸なので、これを利用するためだけにでも登録する価値はあると思いますよ。

コインチェックのその他の手数料は高い?

販売所による手数料(スプレッド)が割高になりがちなのは前述しましたが、その他の手数料に関しても確認してみましょう。

なお、2017年12月現在の情報なので、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

口座開設・維持手数料

まずコインチェックの口座開設・維持の手数料ですが無料です。

つまり、開いておく分には全くお金はかからないということですね。

ビットコインの取引手数料

コインチェックでは、ビットコインの取引所があるわけですが、その売買にかかる手数料は

無料(キャンペーン中につき)

となっています。

Zaifでは-0.05%とむしろマイナスになっているので、比べてしまうと・・・という感じですが、単体で見れば無料なわけなので高いとは言えないでしょう。

ビットフライヤーなんかは0.01%~0.15%の料率でかかってきますので、むしろ安いと捉えても良いかもしれません。

入金手数料

入金時にかかる手数料は以下の通りとなっています。

  • 銀行振込入金(日本円)
    • 無料(振込手数料は負担の必要あり)
  • 銀行振込入金(USドル)
    • 25USドル(振込手数料は負担の必要あり)
  • コンビニ入金/クイック入金
    • 3万円未満:756円
    • 3万円以上50万円未満:1000円
    • 入金金額×0.108% + 486 円
  • 日本円出金
    • 400円
  • USドル出金
    • 25USドル

ドルでやり取りする方は少ないと思いますので、日本円のもののみ見れば良いでしょう。

気にしたいのは入金時と出金時の費用ですが、これも他の取引所と比べて決して高いとは言えない金額ですね。

クイック入金に関してはbitFlyerよりも高いのが気になりますが、その分、出金の手数料が一律400円と安いので(bitflyerは最高で756円かかります)、イーブンではないでしょうか。

普通に入金は手数料0で入金できる住信SBIネット銀行を利用すれば良いことですしね。

ですので、販売所から購入する際の変動するスプレッド(手数料)だけ気をつけておけばOKだと思いますよ!

コインチェックの評判・評価・口コミまとめ

今回は現在最も人気を集めている仮想通貨取引所『コインチェック』について詳しくまとめました!

アプリの使いやすさに定評があり、ほとんどの仮想通貨トレーダーが利用している取引所です。

口座開設はもちろん無料ですので、まずは開設からスタートを切っていきましょう!

コインチェック
コインチェックの登録方法と口座開設の流れ!入金や二段階認証の設定まで

コインチェック(coincheck)は、お笑い芸人の出川哲朗さんがCMに出演していることでも話題沸騰中で人気の仮想通貨取 ...

コインチェック口座開設(公式サイト):
https://coincheck.com

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-coincheck

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.