ファクトム

ファクトム(仮想通貨Factom)の特徴と取引所でのコイン購入方法・買い方

投稿日:

ファクトム(Factom)とは、仮想通貨はファクトイドという名称で通貨単位はFCTのアルトコインです。

電子データ(ドキュメント)をブロックチェーン上に記録する事ができるため、将来の実用性が期待されているコインです。

この記事ではファクトムコインの特徴(発行枚数・マイニング)、現在のチャート相場や時価総額、仮想通貨取引所での買い方・購入方法などを紹介していきます。

ファクトムの今後の将来性やニュースについてもまとめましたので、ぜひ取引などを行う上での参考にしてください。

仮想通貨ファクトム(FACTOM/FCT)とは

FACTOM

ファクトム(FACTOM)とはFactom Inc.によって提供されているプラットフォームの総称です。

イーサリアムなどと同じく本来は通貨そのものではなく、アプリケーションのことを指しています。

 

ファクトムでは、電子データ(ドキュメント)をブロックチェーン上に記録する事ができ、それにより契約書の内容等、特定の事実の証明に役立つ事が期待されています。

ブロックチェーンという中央集権型ではなく分散型のプラットフォームでドキュメントを保管する事により、低コストで第三者に依存する事なく、そして機密を保護した状態で様々な情報を保管する事ができます。

 

なお、ファクトムの仮想通貨は『ファクトイド』という名称が用いられており、通貨単位はFCTとなります。

FCTの発行上限枚数とマイニング方式

ファクトムの仮想通貨ファクトイド(FCT)の発行上限枚数は設けられていません。

基本的にはファクトイドの新規発行はマイニングによるものとなり、マイニング方式はビットコイン等と同じPow(Proof of work)になります。

ファクトム(FCT)の時価総額

ファクトムの仮想通貨としての特徴や評価

ファクトムの仮想通貨としての特徴や評価についてみていきましょう。

プラットフォームとしてのファクトム

ファクトムは前述した通り、仮想通貨ではなくプラットフォームの総称になります。

プラットフォームとは、簡単に言えば、何かのサービスを提供する際の土台や基盤になるものになるものことですね。

そこが従来の仮想通貨とは全く異なるところであり、ファクトムの特徴や将来性であると言えるでしょう。

 

ユーザーはファクトムを利用する事で様々なデータの管理、運用を行う事ができ、本来であれば多大なコストを要する契約書等の管理や保管をブロックチェーンを使って低コストで行う事ができます。

そして、そのファクトムを利用するために必要な支払いを行うのがEntry Creditと呼ばれるものであり、Entry Creditを使用するためにファクトムの仮想通貨であるファクトイド(FCT)を購入するといった形になります。

ファクトム(FCT)の価値は通貨ではなくサービスの先進性

ですので、仮想通貨としてのファクトイド(FCT)の価値が上がるかどうかは、

ファクトムというプラットフォームがどの程度社会に浸透するか?

に左右されるでしょう。

 

機能としては大変便利なものですので、既に『ファクトムハーモニー』と呼ばれるソリューションパッケージによって米国の住宅ローン市場に切り込んでいます。

住宅ローンというのは多額のお金が動くという事もあり、その契約は大変複雑であるため、第三者による公証が必要であったり、契約書等の書類が改ざんされないよう保管する事に多大なコストを要していました。

そこに目をつけたのがファクトムハーモニーであり、同パッケージを利用して住宅ローン契約を管理する事により、様々な面でコストダウンになる事が期待されています。

 

勿論、ファクトムによるドキュメント保管の高いセキュリティは住宅ローンのみならず、様々な業界に適用する事が可能です。

ファクトムによる管理が確かなものであると判断されれば、他の業界で使用される事にも繋がるかもしれません。

ファクトムとビットコインの違いは中央集権制による管理

ファクトムはプラットフォームという事もあり、ビットコイン等の仮想通貨とは違い中央集権制で管理、運営がなされています。

アップロードされたデータの管理は分散型のブロックチェーンにおいてなされますが、ファクトム自体の管理はFactorm Inc.によって行われています。

そのため、Factom Inc.の采配次第でファクトム及びファクトイドの価値が左右されてしまう可能性がありますので、ファクトイドを保有する際は彼らの動向を注視しておく必要があるでしょう。

この点はメリットにもデメリットにもなる点だと言えるでしょう。

ファクトムのデメリットや問題点

ファクトムにおけるデメリットや問題点として挙げられるのは、データの保管をブロックチェーンに依存しているというものでしょう。

以前はビットコインのブロックチェーンに依存していたため、もしそこに何らかの問題が生じた場合はトラブルになる可能性が示唆されていました。

ですが、今はイーサリアムのブロックチェーンにも分散しているため、そのリスクは低減したと言えそうです。

ファクトム(FCT)のチャート相場と過去の値動き

ファクトム(FCT)の2018年1月現在のチャート相場は以下の通り。

FTCの直近の値動きとしては、2017年12月に大きな動きを見せ、年明けには高値が10,000円を超える暴騰を見せました。

ですが、その後はビットコインの動きに追随して徐々に値を下げている状態です。

これに関しては仮想通貨全体が年末から年始にかけて少々バブル的な動きをしていたところが大きいため、本来の価値であるファクトムが米国社会に浸透する事によって徐々に価値が上昇する可能性もあるでしょう。

ファクトムの今後の将来性やニュース

ファクトムの将来性として気になるのは、やはりファクトムのプラットフォームがどの程度社会に浸透するかでしょう。

現在文書を始めとした様々なデータはそれを保有する個人や役所、企業といった場所で集中的に保管されているため、どうしてもその漏洩リスクや改ざんリスクをゼロにする事はできません。

そして、個人情報のようなセンシティブなものが外部に漏洩してしまうと、その企業の信頼は揺らいでしまうため、今は各企業とも情報管理には多額のコストをかけているといった現状があります。

そこにファクトムのニーズが存在します。

現在はファクトムハーモニーによって米国の住宅ローン市場に注力していますが、ファクトムの構想自体は様々な業界、そして社会全体に恩恵をもたらすものになりえます。

ファクトムは仮想通貨ではなくプラットフォーム

ファクトムについて考える際は、従来の仮想通貨銘柄として見るのではなく、主にプラットフォーム全体を見て考える事が大切です。

Factom Inc.はただの仮想通貨の発行者ではなく、ファクトムというプラットフォームを構築し、それで世界をより良い方向に導こうとしているベンチャー企業であると言えるでしょう。

仮想通貨であるファクトイドはあくまでもファクトムを利用するためのコインという位置づけになります。

東京都が開催する「ブロックチェーンビジネスキャンプ東京」に選ばれる

ファクトムは、東京都アクセラレータプログラム「ブロックチェーンビジネスキャンプ東京」に参加する外国企業8社のうちの1社として選ばれています。

この取り組みは日本の首都でありビジネスの中心地である東京の国際競争力を向上させ、更なる成長を促そうといったものになるのですが、このプログラムにファクトムが選ばれた事により、ファクトムが提供するプラットフォームが日本の市場に取り入れられる可能性があります。

また、この取り組みは2020年に行われる予定の東京五輪を見据えた行動計画の一環となっていますので、もしかしたらファクトムの技術によって東京五輪に関する様々なデータ管理が行われるかもしれません。

ファクトイドは国内取引所であるコインチェックで購入する事もできる点も含め、もしかしたらファクトムは我々日本人にとって身近な仮想通貨及びプラットフォームになる可能性もあるのかもしれません。

ファクトム(FCT)の買い方は?仮想通貨取引所での購入方法

ファクトム(FCT)の買い方ですが、現在、日本国内の取引所では、

のみに取り扱いがありました。

しかし、コインチェックは2018年1月26日に580億円相当のネム(NEM/XEM)流出事件を起こしており、現在取引ができない状態です。

海外の取引所では、ポロニエックスやビットレックスなどで取り扱いがありますが、日本円での購入はできない上に全て英語ベースなので、初心者には敷居が高いでしょう。

他の国内の仮想通貨取引所で取り扱いが出てきたら、追って追記いたします。

bitFlyer(ビットフライヤー)に上場するという噂は?

一方で2018年に入ってから、Twitter上でファクトムが国内仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)に上場するのではないかという噂も流れました。

この噂により、一時期はファクトムの価格が高騰する事態に。

 

これはビットフライヤーが1月中に新しいアルトコインの取扱いを始めると発表していたことが相まってのことでしたが、この件についてはbitFlyer運営会社の社長・加納祐三氏が

「情報は全て虚偽」

と否定するツイートをされています。

ですので、現時点ではファクトムの取り扱いはないと考えて良いでしょう。

仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)まとめ

ここでは仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)に関する特徴やチャートの値動きなど様々な情報をまとめました。

ファクトムは、そのプラットフォームの有能性から、今後の市場にも取り入れられる可能性は高いです。

今後も要注目の仮想通貨だと言えるでしょう。

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-ファクトム

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.