テクニカル分析

フィボナッチリトレースメントの正しい使い方!一撃100pips以上稼ぐ手法とは?

FXをやったことのある方なら必ず耳にする「フィボナッチ・リトレースメント」(以降FR)。

取引に利用していた!という方も多いはず。

しかし、FRを使いこなすには少しコツが必要で、FRは実際に使ってみたけど全然使えない・・・・というふうに感じている方がほとんどではないでしょうか?

そこで今回はフィボナッチリトレースメントの正しい使い方を、実際のリアルトレードを想定してチャートを見ながら稼ぎ方を学びましょう。

フィボナッチ・リトレースメントとは?

そもそもフィボナッチ リトレースメントとは一体何なのかというと、

  • フィボナッチ:イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が研究した「フィボナッチ級数」
  • リトレースメント:「引き返す、後戻りする」といった意味

この2つの造語であり、簡単にいえば言えば、フィボナッチ数列を元に考えられた分析手法の一つになっています。

 

難しい数学の話はおいておいて、FXで覚えておいて欲しいのは、

  • フィボナッチ数は自然界に多く現れる数
  • 世界中の人が参加するFXは自ずとフィボナッチ数が意識される

という2つの事実です。

人が最も美しい・気持ちいいと感じる比率である黄金比もフィボナッチ数から生まれているわけで、噛み砕いてFRを表現すると

トレーダーが見ていて気持ちの良いチャート=黄金比(フィボナッチ数)の含まれるチャート

に向かって自然と値動きが反応してしまうということを意味します。

 

さらにいえば、FXの分析手法としてFRが存在するということも大きな意味をもっていて、多くのトレーダーがFRのラインを引いてトレードをすることによって、よりラインが意識されたトレードになりやすいという循環も生まれています。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方

FRは上昇波あるいは下降波の始まりから終わりまでに線を引くことで節目となる数値を算出します。

こちらの図で解説しますと、赤い縦線で区切られた区間において大きな上昇波の発生を確認できると思います。

この上昇波の最安値から最高値にFRを引くと6本の緑の線が引かれます。(取引ツールや設定によってラインの色や太さ、数値には変化があります。)

初めての方が勘違いしやすいのが、上昇波だから一番下が0で一番上が100じゃないの?という部分です。

FXにおけるFRは、上昇(下降)に対してどれぐらい戻ったかを判断するために使用します。

つまり、上昇波の一番下が100というのは上昇に対して100%戻りましたということを表しているわけです。

ですが、正直このあたりの細かい話は、「ラインを正しく使ってトレードで利益をあげる」という使用する目的の話からすれば、あまり大した話ではありません。

重要な数値

FRのラインは、実際に引いてみると分かりますが、どのラインも値動きが反応しやすかったりします。

ただ最もトレードにおいて意識されやすい数値は38.2と61.8のラインです。

この数値はまさに黄金比に関わる数値であり、このラインを目安に押し目買いしたり戻り売りをしたりすることが多いので特に注目してみてください。

フィボナッチ・リトレースメントを信じすぎるな!

FRで稼いじゃおう!なんて言っておきながら、いきなり信じるなと言われても・・・そんな声が聞こえてきそうです。

しかしこの考え方はFRを正しく理解するためにはとても重要なことなのです。

よくある間違った使い方

例えばこの場面、2020年6月5日ドル円5分足の画像です。

赤い縦線の間の値動きに注目してください。大きな上昇が発生しました。

こんな時こそFRの出番!とばかりに上昇にFRを当ててみます。

青い矢印の辺りでFR38.2に触れていますのでここで押し目ロングエントリー!

最初は徐々に上昇し始めたので「決まった」っと思いきや・・・・その後はズルズルと下げてしまいました。

フィボナッチ・リトレースメント使えねぇぇぇという声が聞こえてきそうな場面ですね。

フィボナッチ・リトレースメントは正しい環境認識の上に成り立つ!

上の使い方の大きな間違いは、5分足だけを見てFRを使おうとしたことです。

それではこの時1時間足はどうなっていたのかというと・・・

青い斜めの線はエリオット波動を描いているのですが、5分足でエントリーしたのは完全に上昇推進波第5波が終わるタイミングです。

つまり上位足を無視したFRは全く意味を為しません。

FRを簡単に信じるなというのは、下位足だけを見て判断するのではなく、正しい環境認識をした上で利用しなければならないということなのです。

よくあるもう一つの勘違い

実はFRを信じるなというのにはもう一つ理由があります。

2020年5月28日〜6月1日ドル円15分足の画像

なかなかきつめの下落が発生しました。そこでFRを当ててみたものの・・・・・

FR38.2どころかFR61.8もサクッと抜けてしまいました。

ナンピンまでしてしまった人は涙がでてしまいそうな状況ですよね・・

FRで反発するなんて考えるな!

よくあるFRの使い方の間違いに、FR38.2やFR61.8タッチでの押し目買いや戻り売りがありますが、安易にFRを信じてはいけません。

FRは平気であなたを裏切ります。

しかし、だからっと言ってFRが「使えない奴」かというとそうではありません!正しく使うのが重要なのです。

フィボナッチ・リトレースメントの正しい使い方と稼ぎ方

やっと今日の本題にきましたね。

上で書いたような失敗をしてきた方や、FRなんて使えないと考えている方は正しいFRの使い方をマスターして、世界中のトレーダーが愛用する最強ツール「フィボナッチ・リトレースメント」でガンガン稼いでいきましょう。

フィボナッチ・リトレースメントは定規として使え!

先ほどのドル円15分足の画像をもう一度みてみましょう。

まずは青い丸の部分ダブルボトムですね。下落が終わる一つの目印です。

そしてFRを無視した全戻しの上昇が起きたわけですが、この場面をどう見るかといいますと、

「ダブルボトムをつけて、FR38.2とFR61.8をすっ飛ばして全戻しした。これは上昇の力が相当強いぞ」と判断するわけです。

 

例えば日本人には平均身長というものがありますが、20代の平均身長は男性で約171㎝です。

この平均身長があるからこそ180㎝の人は背が高いと判断できますし、160㎝の人は背が低いと判断できます。

これを踏まえて、私の家族は背が高い人が多いから家を建てる時はキッチンを高くしようといった先を読む判断ができるわけです。

FRも同じように考えて下さい。

FR38.2やFR61.8と行った数値はあくまでも目安。

この数値に対して実際の値動きがどうだったのか、これが最も大切なことなのです。

フィボナッチ・リトレースメントで一撃100pips

先ほどの注意点を踏まえた上でその後の値動きを見ていきますと・・・

ダブルトップをつけてからの上昇にFRを当ててみます。

この時のFRは今までとは違います。

何が違うか・・・・・

 

先にFRを当てた環境認識で「上昇がかなり強い」という分析結果を踏まえてFRを引いたという点です。

さらに注目して下さい。FR61.8でぴったり反応しています。

目安でしかなかったFR38.2やFR61.8ですが、正しい環境認識という土台があると、かなりの精度で効いてきます。

 

しかし、注意が必要なのは、あくまでFRは「目安」です。

61.8で押し目買いも悪くはないですが、上昇の勢いを裏付けるさらなる証拠と考える方が健全でしょう。

そして最終的なエントリーポイントはというと、上昇の頂点に引いた緑のラインを超えたポイントで、このラインブレイクが上昇の決定打となるわけです。

一撃で100pips以上稼ぐことができたポイントとなっています。

これは1ロット(10万通貨)の取引だったら、10万円の利益があがることを意味します。

フィボナッチ・リトレースメントは環境認識の要!

押し目買い、戻り売りのツールとして理解されがちなFRですが、本当の実力は相場の環境認識において発揮されます。

FXをやった事のある方ならわかるはずです。

FXがFR38.2やFR61.8にタッチの押し目買い、戻り売りで勝てる程単純なわけがありません。

FRだけで勝つことは出来ませんが、FXにおいて最も重要な環境認識をしていく上でFRは最強のツールの一つで言っても過言ではありません。

FRを正しく使ってあなたもガンガン稼いでくださいね!

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-テクニカル分析

© 2020 ToushiBlog