投資手法

GFF氏の10万円を6億円に増やしたFXトレード手法【RSI手法・窓埋めの法則】

今回はFXで10万円を6億円に増やしたトレード手法について紹介していきたいと思います。

その手法というのが、GFFさんという方のトレード手法なんですが、GFFさんは10万円を元手にたった2ヶ月で6億円まで含み益を増やしています。

結構昔の話ではあるんですが、今でも学べるところは多くあるので、その全容をまとめて紹介していきます。

GFF(ぐふふ)氏とは?

まずそもそもGFFさんとはどんな人物なのか、簡単に紹介していきます。

GFFさんはニコニコ動画でFXトレードを配信していた配信者の方です。

そのためFXのトレードの様子というものがリアルに公開されていました。

なので、一時的にはであるんですが、10万円を元手に含み益6億円の状態まで増やしたという話は紛れもない事実となっています。

 

そんなGFFさんのFX経歴ですが、2008年にFXを開始しはじめ、2010年5月にはトータルで-400万円の損失を抱えてしまいます。

つまり、GFFさんも最初は負けからスタートしていたということですね。

 

ただ同じ月の2010年5月に元手10万円で、ある手法に基づいてFXトレードをやり始めるようになってから、勝ち始めるようになり、

2010年6月には資産4000万円になると

2010年6月26日の生配信で資産が2億4000万円になり、

2010年7月2日の配信で+8800万円

2010年7月9日の配信で+1億2500万円となり、

見事、資産3億2800万円(含み益6億円)の状態を達成しました。

 

かなり昔の話なので、正確な日数は情報に間違いがある可能性もありますが、約2ヶ月弱で10万円を6億円まで増やしたという事になります。

 

GFF氏が10万円を6億円に増やしたトレード手法

では、GFF氏が元手10万円を6億円にまで増やした手法とは一体どんなものなのか?

その手法は

  • RSI手法
  • 窓埋め手法

という大きく分けて2つの手法に分かれています。

RSI手法

RSI手法がGFFさんのメイン手法だと言われていますが、その内容は

オシレーター系のテクニカル指標である「RSI」にトレンドラインを引いて、トレンドラインをブレイクしたらエントリーする手法

となっています。

 

RSIとは、一定期間の値動きに対して上昇分の値動きが占める割合を算出し、価格の上昇の強さを数値化したチャートのことで、要するに現在の相場が「買われすぎ」の状態なのか、「売られすぎ」の状態なのかを判断することができる指標です。

一般的には、数値が70~80に到達していると買われ過ぎ、20~30に到達していると売られ過ぎの基準とし、相場の行き過ぎから反転が近いと予想します。

GFF氏の手法では、このRSIにトレンドラインを引き、ブレイクしたらトレンド反転と認識して、ブレイク方向へとエントリーしていきます。

 

利確や損切もRSIに基づいて行われ、利確ポイントは

  • RSIが70~80以上、または30~20以下になったとき
  • RSIが直近の高値または安値に到達したとき

であり、損切ポイントは

  • RSIがトレンドラインを再び割り込んだとき

となっています。

RSI手法の具体的なステップ

これだけだと分かりづらいので、具体的なステップをみていきましょう。

長期足でトレンド方向の確認

日足、4時間足、1時間足チャートを見て、その日のトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断する。

トレンドの方向があいまいな時、つまりレンジ相場の時は基本的にトレードはしません。

 

トレンドの方向が分からないという人は、単純に移動平均線を表示させると、方向感がつかみやすいかと思います。

例えば、以下のチャートの黄色で囲んだところなんかは分かりやすく上昇トレンドですよね。

細かい話を言えば、安値を切りあげて、高値を更新していれば上昇トレンドが形成されていることになります。

下降トレンドは、その逆で高値を切り下げて、安値を更新していれば下降トレンドだと判断できます。

 

トレードではローソク足は10分足を使用

GFF氏の手法では、トレードの方向を確認したら、実際のトレードでは10分足を使用し、RSIの指標を表示させていました。

そのRSIにトレンドラインを引いていきます。

そして、RSIのトレンドラインをブレイクしたらブレイクした方向にエントリーしていきます。

上記のチャートでは、赤丸で示したところで「売り」でエントリーします。

基本的には長期の目線で見た時のトレンドの方向にエントリーする「順張り」でトレードしていたため、上記の例では4時間足とか日足とか長期足で見たら下降トレンドを形成しているということを前提としています。

 

エントリーの基準はRSIのトレンドラインが明確にトレンドを形成している時で、トレンドラインの方向があいまいな時はトレードを控えます。

上記の例では、上昇トレンドを形成していますよね。

 

そして、利確タイミングはRSIが80以上(売りの場合は20以下)、もしくは直近の高値や安値に到達したときです。

上記の線の赤線がそれぞれ80と20のラインなんですが、ご覧の通り、現在の相場では到達することが稀なため、70以上、30以下で判断してもいいかと思います。

 

直近の高値や安値というのは、引いたトレンドラインの高値や安値という認識で大丈夫です。

こちらの例なら矢印で示したところが直近の安値ですね。

ここで利確の決済をする形になります。

損切もRSIのトレンドライン頼みで、

  • 買いでエントリーをした場合は、RSIのトレンドラインを再び下抜けた際に損切り決済。
  • 売りでエントリーをした場合は、RSIのトレンドラインを再び上抜けた際に損切り決済。

となっています。

 

GFF氏のRSI手法について個人的な見解

以上がGFF氏のメイン手法だったRSI手法になります。

この手法について、個人的に思ったことなんですけど以下の点があげられます。

いずれにしても長期足でのトレンドの方向を掴むことが重要

この手法は基本的に、トレンドの方向にのっとったトレードをする安全性の高い「順張り」と呼ばれる手法です。

初心者の方とかはトレンドの方向性が分からずに何となくで真似すると、ほぼ間違いなく損失を抱えると思います。

まずはその基本となる重要な部分から勉強する必要がありますね。

RSIにどういう風にトレンドラインを引くのかがポイント

ご覧の通り、この手法はRSIのトレンドラインにかなり依存した手法です。

なのでRSIのトレンドラインをどのように引くのかということが重要なポイントになってきます。

この点に関しては、もしこの手法を試してみたいと考えている方がいるなら、RSIに引くトレンドラインの精度というものを過去のチャートの検証をするなりで高める必要があります。

 

GFF氏の窓埋め手法

GFF氏が取り入れていたもう1つの手法が窓埋め手法。

この手法は海外では人気の手法として知られており、GFFさん独自の手法というわけではありません。

窓というのは、チャート上に稀に出現するぽっかりとした空間のことです。

FXでいえば、金曜のクローズから月曜のオープンまで市場が閉まっている間にレートが動くことで出現することが多いです。

 

そして、この空いた窓が、閉まるような動きをすることを「窓埋めの法則」といいます。

開いた窓が閉まる確率は、90%といわれているため、GFF氏はこの窓埋めの法則を利用してトレードをされていました。

具体的には窓が開いたら、窓が埋まる方向にポジションを持ち、埋まったら決済して利確するという手法です。

 

ただし、この窓埋めは「いつ閉じるか」はわからず、何日経ったら埋まるのか定かではありません。

またそもそも閉じない可能性もあり得るため、考えなしに行うとギャンブルトレードと言える手法です。

窓が空きすぎていたらトレードを控えたり、ファンダメンタルズの要因を確認したり、すぐにポジションを持つのではなく20~30分ほど待って、窓埋めが起こりそうな動きをしているかなど確認する必要はあります。

初心者が安易な気持ちで真似しない方がいい手法だといえますね。

 

GFF氏がFXで6億円まで増やしたその後から学べること

ここまでGFF氏が一時的にFXで6億円まで資産を増やしたという話をしましたが、このFX経歴の話には続きがあります。

その後、2010年7月14日放送の生配信で-3億円以上のロスカットをすることになると、2010年9月上旬には1億円にまで減ってしまい、

最終的には30万円と、ほぼ最初の資金と変わらない状態にまで資産を減らしてしまうこととなりました。

 

それではなぜ億トレーダーにまでなったGFF氏がここまでの失敗を起こしてしまったのかというと、

GFF氏がインタビューで明かしていた内容をまとめると、

  • 勝っていた時は、コツコツドカンの逆(大きく利益をあげて、小さく負けていく)のルールが守れていた
  • 勝っていた時は、運も良く使用していたRSI手法が合う相場だった
  • 資産が増えるにつれて、損切ルールが守れなくなっていた
  • 生配信をやっていたこともあり、保有資金に対して高倍率で取引するハイレバレッジトレードをやっていた

といったようなことをあげられていました。

 

またこれから為替を始めようという方に贈るメッセージとして、

取引するにあたりストップ(損切り注文)は入れるようにして資産管理すること

というアドバイスをおくられていたので、結局のところはトレードルールをしっかり守って「資金管理」をすることがいかに大事なことなのかということが伺えます。

ここまで紹介した「RSI手法」や「窓埋め手法」も、GFF氏がトレードを行っていた当時だからこそ上手くいったという要素も強いので、あくまでも参考程度にするだけで鵜呑みにして真似するのはやめておいた方がいいですね。

思考法など参考にできそうなところのみ取り入れてみてください。

以上、10万円から6億円にまで資金を増やしたGFF氏のトレード手法でした。

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-投資手法

© 2020 ToushiBlog