GMOコイン

GMOコインの評判・評価や口コミ!実際に感じたメリットとデメリット

投稿日:2017年12月30日 更新日:

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所『GMOコイン』。

ここは仮想通貨FXをするなら真っ先にオススメしたい仮想通貨販売所です。

今回はGMOコインとはどんな仮想通貨販売所なのか、ビットコインFXのほか、取り扱い通貨、スマホアプリの使いやすさなど特徴を実際に使っていて感じたメリット・デメリットとともに紹介していきます。

GMOコイン利用者の評判・評価・口コミなどもまとめましたので、あわせて参考にしてみてください。

GMOコインとは?

GMOコイン』は、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。

GMOといえば、GMOクリック証券など株やFXの証券口座でもお馴染みですよね。

女優の新垣結衣さんがCMにも出演していることでも有名。

これらは全て大手インターネット会社『GMOインタネットグループ』のグループ会社が運営しているサービスになりますが、GMOコインもそれと同じくGMO系列の傘下にあたる会社が運営する仮想通貨売買サービスになります。

そんな東証一部上場企業の大手が運営しているわけですから、安心感は抜群だといえますね。

またGMOコインは2017年9月29日付けで「仮想通貨交換業者」としての登録を完了していますので、国からも認められた仮想通貨販売所となっています。

仮想通貨の売買にあたり重要になるセキュリティ面や安心感といったポイントはバッチリと抑えている仮想通貨販売所だと言えます。

GMOコインの運営会社情報

会社名:GMOコイン株式会社
設立年月:2016年10月
代表取締役社長:若松 剛史
資本金:17億6800万円
住所:東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
公式HP:GMOコイン公式サイト

GMOコインは取引所ではなく販売所

現在、日本の主要な仮想通貨取引所といえば、取引高日本一の『coincheck(コインチェック)』や日本で初めて設立された『bitFlyer(ビットフライヤー)』などがありますよね。

それらはユーザー同士でビットコインの取引が行えることから、「仮想通貨取引所」とされています。

しかし、GMOコインの場合は、厳密にいうと、仮想通貨取引所ではなく、「仮想通貨販売所」と名義されています。

 

初心者からすれば

「取引所」、「販売所」と言われても違いが分からない・・・

となってしまうかと思います。

が、簡単にいってしまえば、

  • 取引所:ユーザー同士で「板」を使って買いたい値段、売りたい値段で通貨を売買する
  • 販売所:販売所(GMOコイン)と売買を行う

ということになり、その違いは単純明快です。

 

つまり、GMOコインの場合はGMOコインから仮想通貨を購入することになるというわけですね。

少し知識のある方なら、販売所というと

「なんだか手数料が高そう・・・」

と思われるかもしれませんね。

私自身そう思っていたのですが、これが実際に使ってみると他と比較して案外そうでもないんですよ。

この点については、これから順に解説していきますね!

GMOコインを利用するメリットとは?特徴まとめ

GMOコインの仮想通貨販売所としてのメリットは何なのか、その特徴を順にご紹介していきます!

レバレッジ最大25倍のビットコインFXの利用が可能!

GMOコインの利用者のほとんどが利用しているのが、仮想通貨FX(ビットコインFX)です。

これこそがGMOコインの醍醐味であり、最大の特徴になります。

GMOコインでは

  • レバレッジ最大25倍(5倍、15倍、25倍から選択可能)
  • 追加証拠金制度なし
  • 取引手数料無料
  • 24時間365日、土日祝日でも取引可能
  • 最低0.01BTCから取引可能

これらの条件のもとでビットコインFXに取り組むことができるのです。

 

レバレッジとは何なのかというと、自分の資産以上の取引ができる額の倍率のことです。

例えば、10万円の資金を元手だとすると、250万円分の金額の取引ができるということですね。

大きな金額が動かせますので、その分、大きな利益が得やすくなります。

 

またその際の追加証拠金制度もありません。

追加証拠金制度とは「証拠金(元手の資金)が一定の維持率以下になった時には追加入金が必要になりますよ〜」というシステムなのですが、それがないということですね。

株の信用取引なんかはこの制度がありますが、GMOコインではそれがなく、レバレッジ取引が可能となっているのです。

その代わり、証拠金維持率が

  • レバレッジ5倍:75%
  • レバレッジ15倍:80%
  • レバレッジ25倍:85%

を下回った場合、ロスカットされる可能性はあります。

が、元手以上の損をすることがないため、レバレッジ取引を行う上では安心できる点だといえます。

仮想通貨FX専用スマホアプリ『ビットレ君』が使いやすい!

そしてGMOコインの仮想通貨FXを一躍注目を浴びる存在に引き上げているのがスマホアプリ『ビットレ君』の存在です。

このビットレ君がとにかく使いやすい!

GMOクリック証券でFX口座を開設しているなら、そのスマホアプリ版と同じ感覚で操作することが可能です。

 

実際の取引画面がこんな感じです!

こちらは注文画面です。

取引数量の部分を入力して、上の部分の買い(ASK)、売り(BID)を入力するだけで簡単にBITコインの購入ができます。

 

しかも、ビットレ君では「スピード注文」と言って、確認等なしに、すぐに買い売り注文する機能もありますので、「いますぐ買いたい!」という時にも重宝します。

スキャルピング(数分程度で売買を終わらせる投資手法)をよくする人にとっては必須とも言える機能ですね。

 

そして他のメニューですが、下の部分のメニューを切り替えるだけで、容易にチャートやこれまでの注文履歴を見ることができます。

チャートは5分足、15分足、1時間足・・・などボタンの切り替え一つで変えれますので、めちゃくちゃ見やすいです。

しかも、テクニカル分析をするためのラインだったりなども簡単に引けますよ。

 

また、これまでの注文だったりとかも一目で確認することができます。

GMOコインなら、こんな感じでお手軽にスマホでビットコインFXができてしまいます。

私自身使っていて、気に入って使っています。

PCのチャートも使いやすい!

スマホアプリばかり推してしまいましたが(笑)、GMOコインのPCのチャートもなかなか使いやすいです!

実際のチャートはこんな感じです。

  • 1分足

 

  • 5分足

 

  • 15分足

 

  • 1時間足

こんな感じで、もちろん見たい時間足のチャートがパパッと見れちゃいます。

上のメニューのところのチェックボックスのオンオフで、移動平均線やボリンジャーバンドなどといった指標も簡単にオンオフができます。

 

私流の使い方としては、このGMOコインのチャートと、あと『ビットフライヤー』のチャートも一緒にみて、好機がきたらGMOコインのスピード注文で売買を行う、という使い方をしています。

ビットフライヤーのチャートでは、板情報や出来高などが見れるので、それらを確認している感じですね。

ちなみにビットフライヤーでも仮想通貨FXができますので、現在の仮想通貨FX利用者の状況としてはGMOコインユーザーとビットフライヤーユーザーに2分しているようです。

参照:ビットフライヤー(bitFlyer)とは?手数料や評判・評価・口コミ

販売所としては手数料が格安!

GMOコインは取引所ではなく、販売所形式だということは紹介しましたね。

一般的に販売所形式となると、スプレッド(手数料)は高くなりがち・・・だから取引所で購入したほうが良いというのが通説ですが、GMOコインではこのスプレッドの基本額が小さいのです。

仮想通貨FXをする際の、その金額は基本スプレッド500円!

これはその時のボラティリティ(変動率)によって変わってくる金額ではあるのですが、それにしてもかなり安いものとなっています。

大手仮想通貨販売所であるbitFlyerやコインチェックなどと比べても、歴然とした差があると評判ですよ。

取引価格は2wayプライス方式でわかりやすく取引も簡単!

またGMOコインでは、注文画面時の買い、売りのそれぞれの額がスプレッド込みの金額で表示されています。

この提示価格で購入できるというのは、GMOコインが販売所であるからこそのメリットです。

ですので、想定通りの価格で購入が可能なわけなので、取引所のように「買おうと思っていた金額よりも割高で買えちゃった・・・」なんてことは起こらないのです。

 

また取引も3ステップで行えますので簡単です。

ユーザビリティという点ではかなり優れていると思いますよ。

主要アルトコインの取り扱いもある

さらに、GMOコインではリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)といったアルトコインの取り扱いもあります。

現時点でGMOコインで取り扱いのある仮想通貨は以下の通りとなっています。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • リップル(Ripple/XRP)

現時点では、仮想通貨FXはビットコインのみとなっていますが、FXに強いGMOということで今後アルトコインのFXも始まる可能性は十分考えられますね。

即時入金・出金手数料が無料!

そして、これがかなり嬉しいポイント!

GMOコインでは入金時と出金時の手数料が完全に無料なのです!

ビットフライヤーやコインチェックなど他の取引所は、全てが入金や出金するのに手数料がかかります。

手数料の額は取引所によっても異なりますが、普通はどこも大体1000円はかからないぐらい。

それだとなんだか損した気分になりますよね。

 

その点、GMOコインではどの金融機関から入金・出金したとしても、手数料がかからずに即時入金・出金できます。(振込入金の場合、振込手数料は別)

つまり、

  1. 日本円を入金すると即座に反映
  2. 入金したお金でビットコインを購入
  3. 上手いこと値上がりして、利益があがる
  4. それを自分の銀行口座に出金する

という一連の流れが全て手数料なし、しかもスムーズに行えてしまうのです。

これは仮想通貨売買を始めるにあたって、かなり始めるハードルを下げてくれるグッドポイントです。

登録&口座開設が完了するまでが早い!

GMOコインは登録して口座開設が完全に完了するまでが最短1日と圧倒的なスピードを誇っています。

いや、どこも登録自体は5分程度で終わるんですよ。

ただ、どの仮想通貨取引所も取引を行うために、郵送による本人確認があるのですが、それに2,3日かかることが普通なのです。

その点、GMOコインはその本人確認の郵送がめちゃくちゃ早いんです。

まさに大企業ならではのサポート力ということでしょうか。

これから仮想通貨の売買をしたい!っていう気持ちになっているのに、会社側の対応の遅さでなかなか口座がひらけないとやる気が削がれてしまいますから、この部分がスムーズに行えるのは、嬉しいポイントですね。

なお、登録は『GMOコイン』の公式サイトの「無料口座開設」から行えます。

GMOコインのデメリットは?

GMOコインを実際に使ってみて、デメリットに感じる部分があるのも確かです。

1つずつご紹介していきますね。

仮想通貨FXでスプレッドが大きく開くこともある

GMOコインの利用にあたっては、仮想通貨FXをメインにやることが多いと思いますが、個人的には、

相場が加熱しているときのスプレッドの開き方が大きい

と感じています。

メリットのところでビットコインFXの基本は300円程度と書きましたね。

 

確かに、そうなんですが、買い、売りが殺到しているときは普通に

1500円 → 2500円 → 5000円 → 10000円・・・

みたいにかなり膨らんでいきます。

この画像の中心に書いてある「2500」がスプレッドです。

そうなってくると、特にスキャルピングが投資スタイルの人なんかは、かなり難しい戦いになるんですよね。

なので、基本的にはスプレッドが低い金額で、なおかつチャンスの時に買いなり、売りなりをしていかなければなりません。

チャンスの時というのは、たいてい値動きが激しいので、結構難しいです。

初心者の方はおそらく1度はこのスプレッド問題に引っかかると思いますよ。

アルトコインの取り扱いは豊富なわけではない

GMOコインでは、主要どころのアルトコインの取り扱いはありますが、決してアルトコインの種類が多いというわけではありません。

取り扱いがあるのは、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップルのみです。

 

しかし、主要どころは抑えていますし、ビットコインしか取引しないという人にはあまり問題はないかと思います。

また今後アルトコインのFX取引ができるようになる可能性が高いため、そうなるとかなり強い仮想通貨販売所になるのではないかと予想されます。

リップルが加わったのも2017年11月のことですし、将来的に増える可能性もありますしね。

 

とはいえ、今からアルトコインの取引を積極的にしたい!という方は、「コインチェック」「ザイフ」「ビットバンク」、あるいは海外の仮想通貨取引所『Binace』など他の仮想通貨取引所も開設しておくと良いでしょう。

PCのチャートに不満点あり

GMOコインのメリットとしてPCのチャートも割と使いやすいとしましたが、不満点もあります。

まず、コインチェックやビットフライヤーなど大手と違って、板や出来高が見れないということです。

短期トレードをしていく人にとっては板がないと需要・供給のバランスが掴みにくいので、やりにくいかと思われます。

 

あと細かい部分でいうと、これは他の仮想通貨取引所も未対応のところが多いのですが、PCのチャートが1画面で複数見れるように出来たらなーと感じています。

 

大抵の人は1分足とかだけでなく、15分足、1時間足など他のチャートも見ながらトレードすると思いますが、GMOコインのPCチャートは毎回別タブで開いていかないといけないんですよね。

先ほどPCのチャートを4つ見せましたが、あれは全て別タブで1つずつ開いています。

手間がかかるというだけの話ですが、1つのタブで4つぐらいのチャートが見れると便利なのになーと使って見て感じています。

たまに買い規制がある

GMOコインではたまに買い規制がかかり自由に購入できなくなることがあります。

ユーザー間で結構話題になったのはリップル(XRP)の買規制がかかった時ですね。

こんなお知らせが届きます。

買いたい時に買えないとなるとかなり不便ですよね。

それに買い規制がかかるのは大抵相場が盛り上がっている時です。

こちらは販売所形式ならではのデメリットですね。

GMOコインの評判・評価・口コミ

GMOコインの利用者の評判・評価・口コミなどをまとめてみました。

GMOコイン利用者の評判をまとめると

「買い売りの決済がポチポチと簡単に行える」
「即時入金が無料で行えるのが便利」
「スプレッド幅が他と比べて少ない」

といった評価が多いようです。

特に仮想通貨FXをやるなら、口座開設しておいて間違いなく損はしないと思いますよ。

スマホアプリの使いやすさは抜群です!

またアルトコインに関しても、手数料が他と比べて安めなので、GMOコインで購入しているという人も多いですよ。

まとめ

GMOコインの特徴をまとめると、

  • ビットコインFXが最大レバレッジ25倍・追証なしで可能
  • 仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい
  • アルトコインも主要どころは取り扱いあり
  • 販売所形式なのにスプレッド(手数料)が安い
  • 即時入金と出金の手数料が無料
  • 24時間365日取引可能

となります。

口座開設も最短翌日で完了と早いです。

また登録するとビットコインがもらえるキャンペーンなんかもやっていたりしますので、詳しくは公式サイトを確認してみてくださいね。

GMOコイン口座開設:GMOコイン公式サイト

GMOコイン
GMOコインの口座開設と登録の流れ!入金方法から購入・決済まで解説

『GMOコイン』は仮想通貨FXをするならココ!と評判の高い仮想通貨販売所です。 そしてGMOコインは口座開設にかかる時間 ...

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-GMOコイン

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.