仮想通貨の基礎知識

草コインとは|おすすめの取引所と将来性有望な仮想通貨の買い方・探し方

投稿日:2018年2月23日 更新日:

仮想通貨投資に慣れてきた人で、「草コイン」が気になっている人も多いのではないでしょうか?

しかし、そもそも「草コイン」って何なの?という状態の初心者の方もいると思います。

「草コイン」はリスクも伴いますので、全く知識がないのにむやみに手を出すのにはおすすめできません。

そこで今回は仮想通貨における草コインとは何なのか、種類や人気の銘柄(BitZeny、XP、TRON)、買い方・購入方法、メリット・デメリットまで徹底的に解説します。

また、おすすめ取引所や将来性が有望な仮想通貨の探し方・見つけ方まで項目別に解説しますので、草コイン購入前にぜひ参考にしてみてください。

草コインが購入可能なおすすめ取引所

仮想通貨の草コインとは?

草コイン

草コインと言う言葉は聞いたことがあるけどそれが何かというのはよく分かっていないという方も多いようです。

仮想通貨の代表と言えばビットコインです。

ビットコイン以外の仮想通貨、ビットコインにはない役割を持った通貨をアルトコインと言います。

厳密には草コインはアルトコインに該当しマイナーアルトコインと言われることもありますが、アルトコインに明確な定義はなく、アルトコインと草コインを分類することもあります。

つまり草コインは仮想通貨ではあるものの、まだ知名度や人気、信頼、評価が低い通貨であると言えます。

そのため価格も非常に安く、日本円に換算しても1円にも満たない通貨が多数あります。

草コインと呼ばれる由来は諸説ありますが、英語で「shiotcoin」シットコインと呼ばれ、直訳すると「糞コイン」です。

このような表現をされることからも草コインの位置づけが分かるかと思います。

草コインの種類はどれくらいある?

ビットコイン

仮想通貨は日々新しい通貨が誕生しては消滅していってというのを繰り返しています。

そのため世界の仮想通貨は全部で1,500種類以上を超えています。

しかし実際に取引が全くなく、ただ誕生しただけという通貨も合わせると数千種類以上と言われています。

開発したもののその後の管理がなされていなかったり、開発途中で断念したりという通貨もあります。

そんな数多く存在している草コインですが、有名な草コインにはBitZenyやXP、TRONなどがあります。

人気の草コイン銘柄はBitZeny、XP、TRON

  • BitZeny(ZNY)
    • 日本生まれの仮想通貨で、少しずつ知名度、信頼度、人気も出てきているものの評価がいまひとつといった位置づけですが、メイドインジャパンの信頼もあり今後が期待されている草コインのひとつです。
  • XP
    • ゲームとの関連性が高い通貨で、コミュニティ内でXPをばらまくことでの集客や、XPのグッズ販売など、ゲーム好きの保有者が多くいます。
    • コミュニティがとても活発でコアなファンがすでについていることから期待の仮想通貨です。
  • TRON(TRX)
    • TRONは他のアルトコインのような決済機能を持ち合わせておらず、動画をアップロードするためのプラットフォームを目指している通貨です。

BitZenyが一般向けなのに対し、TRONはクリエーター向けとなっていて、通常の仮想通貨とは立ち位置が異なります。

この異色さが個性として評価されると話題になっています。

草コインって儲かる?実際に値上がりしたケース

草コイン探しをしている人の多くが気になるのは、

「草コインって実際のところ儲かるのか?儲けた人はいるのか?」

ということだと思います。

もちろん購入したけれども何にもならなかった・・・というパターンもあり得ますが、実際に値上がりで儲けた人もいます。

短期間で暴騰を見せたPACcoin

具体例を挙げると例えば、『PACcoin』という銘柄。

突如驚異的な盛り上がりを見せ、短期間で一気に儲けた人が多くいたようです。

  • 『PACcoin』のチャート

その上昇の仕方が尋常じゃないとかなり話題になりました。

PACcoinはバイナンスやKucoinなどの数取引所への上場準備を発表しており、これからさらに強くなっていく通貨と期待されています。

草コインを買うメリット・デメリット

草コインは現時点で人気や知名度、信頼性などが低いとされていますが、今でこそメジャーな通貨も元々は草コインとさほど変わらず、時間とともに人々の期待や信頼を受けて成長していきました。

草コインに投資することはダイヤモンドの原石探しや芸能人、スターの卵を見つけるようなものです。

将来の輝きを見据えて事前に投資し、実際に輝くことができるのはほんのごく一握りです。

それが爆発した時の勢いはものすごく、一攫千金が狙える夢のある仮想通貨です。

そんな草コインを購入するメリット・デメリットをご紹介しています。

草コインを購入するメリット

  • 価格が非常に安い。
  • 急上昇した時の爆発力がすごく、一気に稼げる可能性を秘めている。
  • 複数銘柄を安い時に購入しておき、急上昇したものから売り抜けていくことが可能。
  • 思ったように伸びなくても元が安いので損失も少なくて済む。
  • 様々な草コインに分散投資することでトータルで利益が出ることも多い。

草コインを購入するデメリット

  • ほとんどの草コインが伸びず、投資が無駄になってしまうものも多くリスクがある。
  • あまりマイナーすぎると詐欺、詐欺まがいの草コインと見分けがつきにくいことがある。
  • 多くの人が目を付けて有望視されている草コインはすでにある程度の値がついている。
  • 値段が安すぎる、時価総額が低すぎるとの理由から取り扱っている取引所が少ない。
  • 日本の取引所ではほとんど購入できず、海外の取引所で購入しなくてはいけない。

草コインの買い方は?購入方法を解説

草コインをまだマイナーで安い時に購入しておき、知名度や人気が出てきて価格が急上昇したタイミングで一気に売り抜けるのが一般的な稼ぎ方です。

メジャーな仮想通貨はすでに価格がそれなりに高く、たくさん保有することは難しくなりますが、草コインは価格が安いため少ない投資額で大量に保有することができます。

そんな草コインが爆発した時の勢いはすさまじく、数十倍から中には1万倍以上に膨れ上がるものも誕生しています。

星の数ほどある草コインですが、将来的に爆発するものは本当にごくわずかです。

万馬券ばかりを購入するようなやり方で、投資というよりギャンブル要素が高い投機に近いものがあります。

期待されている草コインはすでに情報がたくさんあり判断するのに役立ちますが、マイナーなものは情報があまりない、あっても外国のサイトでよく分からないなど情報不足が目立ちます。

そのためどの草コインを購入すればいいか分からず悩むかもしれません。

ただ適当に買うと、ほとんど失敗に終わることが多いでしょう。

なので、草コインは初心者が手を出しにくい通貨と言えます。

しかし、きちんとしたリサーチをして投資することで勝率をアップさせることが可能です。

では実際に草コインを買う方法です。

海外の取引所に登録

国内の取引所ではビットコインとメジャーなアルトコインしか取り扱っていないため、まだまだ時価総額や信頼の低い草コインは購入することができません。

そのため草コインを購入するには海外の取引所に登録することになります。

海外の取引所というとハードル高く感じるかもしれませんが、日本語対応している取引所もあります。

取引所ごとに取り扱っている通貨が異なりますので、買いたい時にすぐ買えるように複数の取引所に登録しておくとよいでしょう。

海外の取引所は人気が集中することも多く、申し込みが殺到している時は一時的に新規登録を停止することがあるため登録できる時にしておいた方がベストです。

日本の取引で仮想通貨を購入

海外の取引所は直接日本円を入金できません。

そのため一度、日本の取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

どの取引所でも取り扱いがあるビットコインを購入しておくと間違いがないでしょう。

仮想通貨によって送金の速さや送金手数料が異なります。

少しでも手数料が安い通貨がよければXRPがおすすめです。

日本の取引所から海外の取引所へ送金

日本の取引所で仮想通貨を購入したら、次は海外の取引所へ送金します。

普通に送金するのと手順は同じです。

海外の取引所で購入

送金完了したらようやく草コインを購入することができるようになります。

草コインが購入できるおすすめの取引所

草コインを取り扱っている海外の取引所は多数ありますが、中でも日本人には、

これらがおすすめな海外取引所として挙げられます。

BINANCE(バイナンス)は世界トップクラスの取引所なので、説明不要かもしれませんね。

日本人が初めて利用するおすすめの海外取引所として、よく第一候補に挙げられる取引所です。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は取り扱い通貨の数がずば抜けており、まさに草コイン探しにぴったりの取引所になっています。

KuCoin(クーコイン)はBINANCEを利用しているならなくても事足りますが、日本語に対応しているため英語が苦手という方に向いています。

以下、それぞれの特徴を簡単に紹介しますので、気になるところからチェックしてみてください。

BINANCE(バイナンス)

  • 世界No.1の取引高を誇る取引所。
  • 日本語に対応している。
  • 取扱い通貨が100種類以上と豊富。
  • 登録が即完了するので、その日のうちに取引を開始できる。
  • 本人確認なしも1日2BTCまでの送金をすることができる。

BINANCE公式サイト:
https://www.binance.com/

BINANCE
バイナンス(BINANCE)口座開設できない?登録方法と2段階認証設定

『BINANCE』(バイナンス)の登録方法、口座開設の流れ、セキュリティーを高める2段階認証設定のやり方まで画像付き分か ...

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

  • 草コインを探すなら最も向いてると評判の取引所。
  • 取扱い通貨は300種類以上。
  • 1円未満の通貨(いわゆる草コイン)が大量にある。
  • 本人確認なしですぐに登録&取引が可能。
  • 2段階認証機能有り。

CoinExchange公式サイト:
https://www.coinexchange.io/

KuCoin(クーコイン)

  • 取扱い通貨の種類が多い。
  • 日本語に対応している。
  • 売買手数料が0.1%と格安。
  • 中堅規模の取引所ならではの通貨の選定が優れている。
  • 大化けしそうな銘柄が販売されている。

KuCoin公式サイト:
https://www.kucoin.com/

草コインの失敗しない購入方法

草コインは失敗しないためにも購入する前に、いかに有望な銘柄かどうかを見極めるかが非常に重要です。

草コインのほとんどはそのまま消滅や詐欺、いつまでも成長せずほとんど無価値状態が続くという状態です。

見極めをしっかり行うことで草コインで利益を出せる率が高くなってきます。

どれだけチェックしても必ずそうなるとは限りませんが、ひとつ当たるととても大きく稼げるのが草コインの特徴です。

新しい通貨ができたとか面白そうだなどの直感だけで購入せず、有望銘柄かどうか様々な角度からチェックするようにしましょう。

草コインの注目銘柄の調べ方や探し方は?

コインマーケットキャップというサイトで仮想通貨の情報をチェックします。

このサイトは、1,000種類以上の仮想通貨の時価総額や価格、取引量などをランキング形式で一覧にしているサイトです。

上位はメジャーな仮想通貨で下の方に行くにつれて時価総額も価格も低くなり、草コインに位置づけされる通貨となっています。

このランキングを見てよさそうなものがあればチェックして、その銘柄の情報を集めます。

ウェブサイトやTwitterなどをどんどん見るようにしましょう。

草コインはマイナーな通貨ほど日本のサイトは少なくなり、ほとんどが外国語で書かれています。

しかしブラウザの自動翻訳で翻訳して読むと、完全な日本語にならなくても意味は伝わります。

その草コインが信頼できそうかどうか、人気が出そうかどうかチェックしてみましょう。

将来性が有望な草コインの見つけ方

上記の仮想通貨のランキング一覧を見る時に、どのようなところをチェックしたらいいのでしょうか。

有望銘柄かどうか判断するための材料となるチェックポイントをまとめてみました。

時価総額

時価総額=市場価格×通貨発行量 で表されます。

時価総額の多いランキング300位くらいまではすでに草コインとは言えません。

そのためここではチェックせず、それ以下の銘柄をチェックするようにしましょう。

価格

草コインに投資するにはすでに価格が上昇しているコインは買いません。

1円以下で買える草コインがよいでしょう。

取引量があるかどうか

24時間の取引量、流動性をチェックします。

取引がほとんどない、またはあっても少ない場合は値上がりがあまり期待できません。

その後突然、話題になりが急に価格が上がる可能性は十分ありますが、チェック時点でほとんど取引がないということはほとんど人に知られていない、または知られているけど魅力がないということです。

ある程度の取引量があるのに価格が安いというのがおいしい草コインの特徴のひとつです。

供給量

供給量は現在どれくらいの通貨が市場に出回って取引されているかを指します。

供給量が少なければ少ないほど、1通貨の価値は高くなるとされ、価格が上がりやすくなります。

供給量が少ない通貨が人気が出れば一気に上昇するでしょう。

公式サイト、公式Twitter

仮想通貨にはそれぞれ公式サイトや公式Twitterが存在しています。
(一部ないものもあります。)

それらをチェックして書いてある情報が信頼できそうかどうかチェックしましょう。

「決済用として」とか「クリエイターのための通貨」など開発された目的やターゲットが一切書かれていない通貨もあります。

誰が何のために誰のために作った通貨かが見えてこない通貨は危険です。

書いてある情報がすべて真実とは限りませんが、直感で見た感じで怪しい、詐欺っぽいと感じるサイトは避けた方がよさそうです。

過去に急上昇、暴落をしている

通貨が誕生後、過去に急上昇をしたのち暴落をしてその後上下を繰り返している通貨は避けましょう。
(イナゴタワーが形成されていないということ)

それが月日とともに再び上昇していくことはありますが、たいてい荒れてしまった後、高値でつかんだユーザーが売り損なってうろうろしている状態が多いです。

チャートと取引量の関係

チャートを見て小刻みに上下しながらも大きな変動がなく、月日とともに取引量が増えている銘柄があればチャンスです。

まだ大きく動いていないものの知名度や人気、信頼性が少しずつアップしている兆候のひとつです。

このままのペースをずっと保ったままということもありますが、一度何らかのきっかけで火がつけば一気に爆発する有望銘柄と言えるでしょう。

草コイン購入のリスクと注意点

草コインはメジャーになる前の無名選手と同じです。

必ずしも期待通りに活躍してくれるわけではありません。

そのほとんどが廃れていったり無価値になる可能性があり、ややリスクがあると言わざるを得ません。

しかし、複数銘柄に分散して投資することで、その多くで失敗してもいくつかの銘柄が大きく成長してくれて、トータルでプラスの利益を出すことができる投資法でもあります。

ひとつの銘柄に執着しすぎると失敗した時が損失が大きくなってしまいます。

通貨の名前が気に入った、デザインがかっこいいなど直感も時には大事ですが、基本的には数字を見て購入するかの判断をしましょう。

草コインだけで利益を出しまくっている人がいるのも事実ですが、本当にごくわずかの人たちです。

仮想通貨への投資には様々な方法があります。

草コイン以外にも投資して、分散投資を心掛けるようにしましょう。

草コインが購入可能なおすすめ取引所

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-仮想通貨の基礎知識

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.