テクニカル分析

【FXトレード手法】水平線ラインで反転かブレイクかの判断の見極め方法

更新日:

FX・株・仮想通貨といったトレードを行う上で、レジスタンスライン・サポートラインこと水平線で反発するのかどうかの確認の仕方が多くの初心者の気になるところだと思います。

今回はラインで反転するのか、ブレイクするのか、その判断の見極め方法について解説していきます。

レジスタンスライン・サポートライン(レジサポ)とは?

トレードを行う上で

  • レジスタンスライン(上値抵抗線)
  • サポートライン(下値支持線)

この二つをを意識しながらトレードを行うことは重要です。

 

この二つはチャート上に引かれたいわゆる水平線になるのですが、このラインは相場が反応しやすいポイントになるのです!

百聞は一見に如かずなので、実際のチャートを見てみましょう。

緑色のラインがサポートラインとレジスタンスラインになります。

矢印の箇所のように

緑色のラインのところでローソク足が高値をつけて反発

しているのが分かりますよね?

 

そもそもこのラインは皆が意識しているであろう価格に沿って自分で引くものになります。

具体的には、

  • 何度も抑えられている箇所
  • 前日の高値・安値

などに引きます。

 

つまり、皆から意識されているということは、

  • 皆がこのラインで反発すると考える
  • そのあたりで利確or損切をする
  • 結果的にラインが意識された相場になる

というサイクルが生まれるわけです。

相場がどうなっていくであろうか予想するにあたり最も重要な指標になるのは言うまでもありませんよね。

 

実際、ラインを引いてみて、そのラインに対するローソク足の動きを見ると、価格の変動が激しくなったりして、意識されているのがよく分かりますよ。

水平線の引く場所

水平線(サポートラインとレジスタンスライン)を引く場所は、

  • 何度も反発している場所(斜め方向のトレンドラインもこれで引けます)
  • 目立った高値や安値
  • 大きな価格変動が起きた場所
  • ブレイクのきっかけとなった高値と安値
  • なるべく「ひげ」を優先して結ぶようにする。ただローソク足実体でのラインでも反発する場合があるため、そういったところには引くようにするとよい

になります。

 

なお、水平線やトレンドラインは長期足(1時間足以上)で引いたものの方が強く働きますので、そちらから優先に引くようにしてください。

ただあまり引きすぎるとごちゃごちゃするため、短期トレードの場合は4時間足、1時間足あたりで良いと思います。

その上で短期足ベースで引くといいですよ。

ラインで反転するかブレイクするかの判断の見極め方法

とはいっても、ラインは100発100中で機能して反発するわけではありません。

そのラインを突き破って、大きく値が動くことがあります。

このことはブレイクといいますよね。

 

なので、毎回毎回反発すると予想してトレードしても勝てるわけじゃないのです。

では、

これまで何度か機能しているサポートライン・レジスタンスラインを見つけた時に、果たしてそれがもう一度機能して反発するのか?

この見極めさえできれば、非常に勝ちやすくなります。

結論からいえば、100%予想的中させるのは当たり前ですが、無理です。

ただ、それまでの相場の流れ、ローソク足の動きを読むことで、その予想を高めることは可能です。

どういうことを見ていけばよいのか、僕なりの見解をまとめますね。

高値・安値を更新したかどうか?

まず1つ目に

  1. 下方向のサポートラインをブレイクするかどうか?
    • 高値を結んで引いたラインに対して、前回の高値を更新出来ずに下落した場合、それまで反発していたラインは抜けやすい
  2. 上方向のレジスタンスラインをブレイクするかどうか?
    •  安値更新出来ずに上昇した場合、それまで機能してたラインを上抜け高値更新しやすい

ということが挙げられます。

 

なぜなら例えば1つ目のパターンでいえば、

  • 高値を更新できなかったということは、上昇の勢いが衰えていると見れる
  • そう見る人が増えるため、結果的に売りが入りやすくなる。
  • サポートラインを下にブレイク

という流れが起きやすくなるからです。

これは100%その通りになるというわけではなく、実際にトレードをしてみれば分かりますが、結構外れる場合もあります。

ただ傾向としては理屈的にも考えられるものなので、1つの判断材料として検討するといいです。

 

なお、ラインがブレイクしたあとは、今度はそのラインがサポートラインとして働きやすいということはいわずもがなですね。

短期間で大幅に上昇した場合は長期足ベースのラインで1度反発しやすい

また、

一回の上昇で大幅に上昇したときは反発しやすい

という傾向が挙げられます。

 

ポイントになるのは、大幅に上昇した時、ということです。

これが短期足(5分足・15分足)で引いたような近場のラインであれば、むしろ上昇の勢いのまま突き抜けやすいので注意してください。

 

つまり、短時間でぐんぐんと上に上げるような動きを見せた際には、1時間足や4時間足で引いたような長期足ベースのラインにて、1度は反発して下に戻るパターンが多いということになります。

これはそのラインに指値で「売り」注文を入れている人が多いからです。

またそれによって戻される動きをみたポジション保有者も利食い(「売り」)し始めます。

それにより結果的に、相場全体が戻されてしまうのです。

 

下落に関しては、その逆だと考えてください。

ボリンジャーバンドを見て相場の勢いをとらえる

結局のところ、ラインを抜けてくるかどうかは相場の勢いと相関関係にあります。

そしてその相場の勢いをみる手段の1つとして、ボリンジャーバンドを利用する方法も有効です。

例えば、ボリンジャーバンドが上方向に傾いていて、ローソク足が+2σと+1σの間で推移している上昇局面だとします。

 

その際にそれまで+1σを越えて上昇していたのにもかかわらず、初めてローソク足の終値が+1σを割って確定した場合。

ここで上昇の勢いが弱まってきたと判断でき、一気に売られる確率が高くなります。

長期足・短期足で共通して有効ですが、個人的には5分足で特にその傾向にあるかなと感じています。

ローソク足の形や動きで相場の勢いをとらえる

またローソク足の形や動きで相場の勢いをとらえることも重要です。

例えば、以下のシーンを見てください。

ローソク足がラインまで上昇してたどり着きましたが、その際のもみあいとして、

  • 3回ラインに挑戦するも、いずれもヒゲがタッチしているのみ
  • またトレンド転換シグナルとされる陰線のコマが現れている

ということから、今回はラインがしっかりと機能しているとみて、コマの陰線がつけた時点で反発することが予想できます。

 

コマに限らず、

  • ローソク足のヒゲが長く飛びぬけている時(長ければ長い方が反発の可能性大)
  • 大陽線がつけた後、同じ長さの大陰線がつけた時(長ければ長い方が反発の可能性大)

このようなローソクが足がつけた場合はラインの上側で待ち構えている「売り」の勢力が強いとみて、ラインで反発する可能性がたかいとみれます。

 

また反発を予想して逆張りしたい場合、細かい値動きで見た時に、ラインでのファーストタッチで逆張りするのではなく、2回目以降の反発を確認して、

多くの投資家が「これは機能して反発しそう」と考え始める場所でエントリー

するのがベストです。

すぐにはエントリーせず、そのラインがしっかりと機能しているかどうか、その効きをしっかりと確かめてからエントリーするようにしてください。

ラインと移動平均線が重なったとき

シチュエーションとしては、少ないのですが、ラインと移動平均線が重なり、よりサポートが強固になったときには反発する可能性が高いとみれます。

移動平均線の位置にも注目しておきましょう。

まとめ

以上、ラインで反転するのか、ブレイクするのかの判断要素となる基準をまとめてみました。

一番は集団心理が大切なので、他の大多数の人はこの局面をどのように捉えているのかを俯瞰で考え、多勢に乗る形で予想するようにしましょう。

 

なお、実際にトレードを行う際は、

  • 長期足での水平線は利益確定の目標にするのが一番無難
  • 水平線での反発を予想して逆張りで入る場合、損切ライン、利確ラインはともに浅く設定する(損切はラインから1~5pips程度が理想)
    • 基本的にエントリーする足では逆張りでも上位足では順張り方向に入るようにする。こうすることで逆張りでのリスクが抑えられ、勝率も上がりやすい。
  • ラインをブレイクした後のトレンドフォローの場合は、ブレイク後にすぐエントリーするのではなく第2波の押し目(戻り目)を狙うようにする

ということを意識すると勝率がぐっと高まります。

トレードの前には、必ずルールを作っておき、そのルールを守って利確・損切を行いようにしましょう。

予想が外れる事は必ずあるので、そういうことが有っても淡々とトータルで勝つことを目標にしてみてくださいね。

 

ちなみに、このチャート分析は、インヴァスト証券のトライオートFXなどFXの自動売買にも生かすことができます。

自動売買には裁量トレードに比べて、システマチックにトレードができるというメリットがあるため、チャートにはりついていられない、トレードが感情に左右されやすいなどという人で自動売買に切り替えたら利益が出るようになったという人も多いですよ。

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-テクニカル分析

Copyright© ToushiBlog , 2019 All Rights Reserved.