取引ツール

仮想通貨の自動売買QUOREA(クオレア)とは|評判・特徴・手数料・運営会社

更新日:

QUOREA(クオレア)とは、日本初の投資ロボットを使った仮想通貨(ビットコイン)の自動売買ができるサービスです。

2018年6月にリリースされたばかりですが、仮想通貨だけでなく、国内株式やFXといったものまで対応予定で今後にも注目が集まるプラットフォームです。

今回はQUOREAの特徴や利用者の評判・評価・口コミ、運営会社、セキュリティ面の安全性、実際にシステムトレードを行った結果をまとめました。

チャートを見ていられない忙しい人や自動売買がしてみたいという人などにまさに打ってつけのサービスなので、ぜひ参考にしてみてください。

QUOREA(クオレア)とはどんなサービス?

 

QUOREA(クオレア)とは、QUOREA上で作成された様々な自動売買を行うアルゴリズム(以下、ロボット)を使用することで、最適なタイミングで「買い」「売り」を入れてくれる日本初のCtoC(個人間取引)プラットフォームになります。

分かりやすく言えば、

ビットコインのシステムトレード(自動売買)ができるプラットフォーム

になります。

忙しい人やストレスフリーで金融資産を増やしていきたいという人におすすめのサービスです。

QUOREAの特徴

QUOREA(クオレア)の特徴は、以下の点が挙げれらます。

プログラミング知識が不要でシステムトレードが可能

通常、自動売買を行うためには、プログラミング知識が必要になってきます。

というのも、自動売買の指示を出すプログラムを作成する必要があるからです。

 

その点、QUOREAでは、そのプログラムというのがロボットという名称ですでに用意されています。

またロボットで自動売買する際に、通常必要になる外部サーバーを借りる必要もありません。(QUOREA側が負担)

このロボットを使用して、仮想通貨取引所のZaifとAPI接続で連携させてやることで、プログラミング知識は必要なしに自動的なシステムトレードを実現することが可能となっているのです。

自動売買ロボットの制作もできる

しかも、そのロボットは自分お好みのトレード手法を覚えさせたものを制作することもできます。

それもプログラミング知識は不要で!

QUOREAでは、以下のような感じで、直観的に自分だけのエントリー・エグジットルールをもったロボットをつくることも可能となっています。

投資上級者の方は、自分だけのアルゴリズムをもったロボットを制作してトレードをおこなっていくのも1つの手です。

ロボットはシェアリングが可能

じつはQUOREA上に存在するロボットというのは、QUOREA側が用意したというわけではなく、個人・法人など誰かが作成したロボットになります。

すなわち自動売買のロボットはシェアリングする形になるのです。

これによって投資上級者が作成した優秀なロボットを投資初心者が利用することができ、効率的な運用をすることが可能になります。

 

一方で、あなたが投資上級者の立場でロボットを共有する側の場合にもメリットがあります。

この立場の場合は、あなたのロボットを利用して第3者が利益を出した際に、その一部の収益を受け取ることができるのです。

現在キャンペーンにつき、クオレアが得た手数料収入の100%が報酬に還元されています。

なので、両者はWINWINの関係で、QUOREAは投資初心者と上級者をつないでくれるサービスともいえるわけですね。

自動売買のロボットから売買シグナルが受け取れる

QUOREAでは、自動売買ロボットの成績が完全に公開されています。

これまでの勝率や累計損益といった全体的な指標から・・・

 

そのロボットによる直近の取引がどのように行われたのかという部分まで、具体的な値段も知ることができます。

 

そしてQUOREA上ではこういった自動売買のロボットがいくつも24時間体制で稼働しているのですが、そのトレード成績を確認して気に入ったものをフォローすることで、そのロボットの売買シグナルを受け取ることも可能です。

つまり、裁量トレードをしている人も、自動売買せずともそのロボットのシグナルを参考材料としてトレードを行っていくこともできるのです。

なので、仮想通貨トレードをやっているすべての人が効率的な投資をするために、有用な情報が得られるサービスだともいえます。

国内株式やFX取引のシステムトレードも可能!

実はQUOREA(クオレア)は仮想通貨の自動売買だけでなく、

  • 国内株式(近日対応予定)
  • FX取引(準備中)

といった投資対象まで対応予定となっています。

 

仮想通貨だけでなく、株やFXといったものまで自動売買ができるようになるとなれば、これまで以上に注目を集めることは間違いないでしょう。

QUOREA(クオレア)の取引にかかる手数料

QUOREA(クオレア)はサービス自体は無料で使用することができる代わりに、

取引時に手数料

がかかります。

とはいっても、手数料がかかるのは利益が出た場合のみ。

 

クオレアの取引にかかる手数料は、月間トータル損益がプラスになった際にその利益の30%の料金となります。

損益がマイナスだった場合は手数料はありませんので、つまりは手数料に関しては必ずプラスの恩恵を受けた時のみ少し引かれるというイメージですね。

なお、手数料はZaifの取引所から引かれるのは出なく、登録したクレジットカードから翌月15日に引き落とされる形になります。

今なら手数料最大1万円のキャッシュバックのキャンペーンあり

しかも、今なら、QUOREAの登録ページから登録することで、手数料が最大10000万円キャッシュバックされるキャンペーンが行われています。

これはどういうことなのかというと、先ほど利益が出た際にそこから30%が手数料が引かれると紹介しましたが、この手数料が10000万円分までは無料だということです。

 

10000万円キャンペーンの残金は以下のようにクオレアのマイページにて確認することができるようになっています。(有効期限は登録から3か月)

この手数料キャッシュバックキャンペーンは期間限定となっています。

期間は現時点では2018年8月31日までとなっていますが、好評だった場合は延長する可能性もあります。

ですので、最新の情報など詳しくは以下の登録ページをご確認ください。

QUOREA(クオレア)の運営会社は安全?

仮想通貨に関する投資を行うにあたって、おそらく多くの人が心配もしくは気になる点として挙げるのが、

運営元は安全かどうか?

といいことだと思います。

 

実際、仮想通貨のICOなどでは、優良な通貨もある一方で、詐欺コインとよばれる、何の価値もないコインがあるのは事実です。

クオレアは、通貨ではなく取引ツールなので、また少しケースが異なりますが、それでも安全面はきにしたいところですよね。

 

QUOREA(クオレア)の運営会社は株式会社efit(エフィット)になります。

会社名 株式会社efit
設立日 2017年10月19日
代表取締役CEO 宮原 勝利 社長
所在地 〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−7 川原ビル6
事業内容 高機能投資ロボット作成ツールの提供、情報通信業
公式サイト https://efit.co.jp/

エフィットは2017年10月19日設立と比較的新しいベンチャー企業で、QUOREAをメイン事業として展開しています。

 

そして注目すべきは、株式会社efit(エフィット)を構成するメンバーの経歴です。

特に代表を務める宮原 勝利社長は大手証券会社「大和証券」にてコンサルティング業を務めた経歴があり、世界上位2%のIQを持っていないと入れない、JAPAN MENSA会員でもあるというエリートです。

宮原社長以外にも投資の知識が豊富な大和証券に務めた実績を持つ社員が運営しています。

信頼度としては非常に高いといえるでしょう。

ハッキング等セキュリティの面は大丈夫?

仮想通貨というと、何となくハッキングでお金がとられないかなどセキュリティの面が心配になるところですよね。

その点についてですが、結論から言えば、

QUOREAは仮想通貨取引所Zaifを利用して自動売買を行うため、QUOREA自体がハッキングされてお金が取られたりする心配はない

といえます。

 

どういうことなのかというと、仮想通貨の自動売買というと何となく、QUOREAにお金を預けて、そのお金を運用して・・・

というイメージがありますよね?

 

でも実際はそういうわけではなく、仮想通貨取引所の1つであるZaifの中でお金を動かし、QUOREAは自動売買の指示を行うツールになります。

イメージ的にはQUOREAは、Zaifにおけるトレードを行うにあたり、買いや売りなどの命令を自動で行ってくれるロボットのようなものです。

なので、お金が取られる場合はどういうパターンなのかというと、それはQUOREAではなく、Zaifに不正ログインされて送金等の操作が行われてしまったという場合になります。

QUOREAは関係ありません。

 

またQUOREAとZaifを連携させる際に、ZaifのAPIキー(自動売買の命令を下すために必要なもの)を入力するのですが、このAPIキーの設定でも「送金」の操作はできないように設定する形になります。

そして万が一、APIがのっとられたりなどした場合も、Zaifの方でAPIキーの削除等を行えば、QUOREA側との連携が解除されます。

APIとか言われてもよくわからない・・・という初心者の人もいるかもしれませんが、簡単に言えば、QUOREAとZaifを連携させることで、不正送金されるリスクが生じるということは考えられないと認識すればOKです。

 

さらに、もちろんですが、QUOREAのサイト自体も「接続・管理において暗号化やアクセス制限」等がとられるなどセキュリティには万全の考慮がされています。

以上のことから、利用にあたってのセキュリティ面が気になる!という方も、そんなに心配せずとも利用できると思いますよ。

実際、私自身利用していますが、セキュリティ面で問題を感じた点はありません。

QUOREA(クオレア)を利用するメリット・デメリット

QUOREA(クオレア)を利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

プログラミングの知識が不要で自動売買が可能

通常、自動売買を行うには、

  • python
  • C#
  • javascript

などといったプログラミングの知識が必要になります。

これらのプログラミング言語を使って、「買い」や「売り」の指示を出すプログラムを組んでトレードを行っていくのです。

 

一方で、クオレアを利用すれば、プログラミングの知識なしで、自動売買のトレードを行うことができます。

しかも、自分のトレードルールを打ち込んだロボットを作成することまで可能です。

自動売買やってみたいけど、プログラミングの知識ないしな~

といった悩みを抱えていた人にまさにピッタリのサービスだといえます。

チャートに張り付く必要がない

これは自動売買ならではのメリットですが、トレードにあたって、システムが自動的に買いと売りの処理を行ってくれるため、裁量トレードのようにチャートに張り付いている必要がありません。

そのことから価格の変動に一喜一憂することもなく、精神的にも安定します。

肉体的な負担が減るのは言うまでもありませんね。

しかも、QUOREA側が精査していることもあり、自動売買のロボットもある程度の勝率が保証されていますので、ほっといたらいつの間にかお金が増えてた!なんてパターンになることも多いです。

特に仕事などが忙しくてチャートがみていられないサラリーマンなどの方におすすめといえますね。

無料で使用可能!

こんな高機能なトレーディングツールは有料かと思えますが、クオレアは無料で使用することができます。

ただし、取引時に利益が出た場合にのみ手数料がかかりますので、その点はご注意ください。

デメリット

トレードによる損失のリスクはある

とはいえ、もちろんのことですが、

システムトレードをすることによって損失を被るリスク

はあります。

 

これは自動売買を行うにあたって、トレードルールをインプットしたロボットを選択するのですが、そのロボットの性能に依存します。

なので、この点については自分のトレードスタイルに合ったロボットを選択するなり、自分でトレードルールを作って、ロボットを作成していくなりして対処していくしかないでしょう。

ロボット特有のリスク

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、良くも悪くもトレードは機械的なものになります。

つまり、人間が判断しないため、自分だったら明らかにしないというトレードもしてしまう可能性があるんですね。

 

どういうことかというと、ロボットはファンダメンタルズ的な外的要因を考慮することができません。

例えば、コインチェックがハッキングされてビットコインが大暴落しましたが、そういった事件が起きた際に、そんな事件とは関係なく機械的にトレードが続けられます。

その結果、手を出さない方がいいところでエントリーして、結果、損になってしまうなんて可能性はありえます。

 

ただこの点については、自動売買のロボットの設定をオフにして、落ち着くまではトレードを中止するといった対策を取ることは可能です。

利益が出た際に手数料が取られる

QUOREA(クオレア)は無料で利用できるというメリットがある一方で、自動売買を行って利益が出た際に

手数料として利益の30%

が取られます。

 

QUOREA側はこれで儲けているというわけなので、この点は仕方ないですね。

ただ損失時には手数料は発生しないので、その点は安心です。

QUOREA(クオレア)を使用した評判・評価・口コミ

QUOREA(クオレア)を使用した評判・評価・口コミをまとめてみました。

なお、QUOREAは2018年6月にリリースされたばかりということで、まだあまり口コミは出回っていないようですが・・・

こんな感じで見事、ほったらかしで利益を出している方の声が確認できました。

 

他に、以下のような高評価の声も。

利用者

自動売買を設定してから4日で1250円の利益が出た!

利用者

会社勤めで相場に張り付くわけにはいかない身なだけに、quoreaがかなり捗る。

一方で、短期売買目線だと

  • ちょっと損した

という声も見られました。

ただそれらの結果も、まだ決済までは行われていませんでしたので、一時的な含み損でしょう。

 

自動売買は基本的には長期の目線で見た方が利益は出やすいので、ある程度リスクは限定したうえでほったらかしとくのが良さそうですね。

QUOREAって稼げる?実際にビットコイン自動売買の運用開始!

私の方でも実際にQUOREAのビットコイン自動売買でどれぐらい稼げるのか、運用を開始しています。

初期状態がこんな感じ。

運用資金181000円スタートで、最初は取引枚数は少なめに設定して運用をはじめました。

 

今回は都合上、早くトレードしてもらいたかったので、

  • 取引回数が多め
  • 勝率が高い
  • 利用者も多い

というロボットを使用して自動売買を開始してみました。

 

すると、1日ほどでビットコインの買い付けがおこなわれました。

ビットコインを購入すると取引履歴で確認できるようになります。

エントリーすると、zaif側でも取引履歴で確認できるようになります。

自動売買してみた結果と感想

途中若干の含み損を抱えた時間帯もありましたが、最終的には・・・

みごとに資金181776円と776円のプラスが出て終わりました!

今回は様子見という事で、取引量を制限して設定していたので、完全にロボットに任せればもっと利益は出ていたと思います。

またエントリーからイグジットまでかかった期間は2日

今回選んだロボットはエントリー頻度高めのものなので、大体1日に1回程度のトレード回数のイメージになってきますね。

 

使ってみた感想としては、

「ロボットを設定してほったらかしにしてたら資金が増えた」

という感じで、口コミ通りかなり優秀だと思います。

これは引き続き利用していく価値ありですね。

 

なお、前述しましたが、今なら手数料がキャッシュバックされるお得なキャンペーンがやっていますので、登録するなら早めの登録がおすすめ。

無料で使用できますので、自動売買が気になっている方は一度触れてみない手はないと思いますよ。

登録は以下より可能です。

 

なお、QUOREAの登録方法と使い方は下記記事に詳しくまとめています。

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-取引ツール

Copyright© ToushiBlog , 2019 All Rights Reserved.