リップル

リップル(XRP)購入におすすめ取引所ランキング|手数料比較表【日本国内】

更新日:

アルトコインの中でも群を抜いた人気を誇る『リップル(XRP)』。

おそらく仮想通貨について少し触れたことがある方なら、ビットコイン、イーサリアムに次いで、知ったコインではないでしょうか?

 

そんなリップルは実社会において、銀行等で実用化が期待されており、今後も値上がりが大いに期待されています。

そんなコインなだけに購入したいけど、どの取引所で買えるのか?どこで買えば安く買えるのか分からない、と迷っている方も多いと思います。

 

ここではリップル(XRP)が購入できる日本国内の仮想通貨取引所一覧とともに、厳選おすすめランキングを紹介します。

取引所、販売所の有無や手数料が安いのかどうかなど徹底比較していますので、取引所選びの参考にしてみてください。

リップル(XRP)が購入できる日本国内の仮想通貨取引所一覧

2018年8月現在、リップル(XRP)が購入可能な日本国内にある仮想通貨取引所一覧は以下の通り。

ずべて金融庁に仮想通貨交換業社として認可を受けた取引所になります。

※金融庁に認可されていないCoincheck、サービスが開始したばかりで流動性の少ないSBIバーチャルカレンシーズは除いています。

リップルを割安で購入するための取引所の選び方

リップルを割安で購入するために、まずは取引所の選び方のポイントとなる部分をみていきましょう。

取引所ではなく販売所で購入した方が安い!

リップルを購入するにあたって、前提として、販売所ではなく取引所で購入しましょう。

仮想通貨のややこしいところなのですが、リップルを手数料安く購入しようと思った時に、単に取引手数料だけを考慮するだけではNGなのです。

 

仮想通貨取引所のなかには厳密にいって、販売所と取引所の2つのパターンがあり、一般的に取引所から購入する方が安く購入できる場合が多いです。

取引所と販売所の違い

  • 販売所
    • 取引所とユーザー間で売買を行う。販売所形式だと確実に購入できるメリットがある一方で、スプレッド(手数料)と呼ばれるマージンが上乗せされた価格になる。
  • 取引所
    • ユーザー同士で取引板を使用して売買を行う。スプレッドがないため割安で購入できる場合が多い。

販売所形式は必ず指定の金額で購入できる、売買が簡単というメリットがある一方で、スプレッド(売り値と買い値の差)手数料が数パーセントかかってしまうことが多いです。

そのため数千万単位で多くの枚数のリップルを購入する場合でないのなら、損をしてしまいがち。

 

一方で取引所であれば、株のトレードみたいなイメージで、ユーザー間同士での取引となり、指値注文もできて便利なことに加え、スプレッド手数料も格安になります。

よって、少しでも安くリップルを購入するなら、取引所で購入するのがポイントの1つです。

 

販売所と取引所の違いについて、もっと詳しく知りたいは『販売所と取引所の違いとは?仮想通貨ビットコインの手数料の価格差を比較』をご覧ください。

取引所・販売所の有無と取引手数料を比較表

取引所 販売所/取引所 取引手数料
BITPoint(ビットポイント) -/○ 無料
bitbank(ビットバンク) -/○ 無料
BitTrade(ビットトレード) -/○ メイカー:0.25%
テイカー:0.25%
QUOINEX(コインエクスチェンジ) -/○ 0.25%
GMOコイン ○/- 無料
DMM Bitcoin(レバレッジ取引のみ) ○/- 無料
期間限定のキャンペーンにより手数料が無料になっているところもありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

リップルの取引量の多さ(流動性)も加味する

リップルを取引所で売買するにあたり、その取引所での取引量の多さ(コインの流動性)も加味する必要があります。

前述した通り、リップルが割安で購入しやすい取引所では、ユーザー同士で売買を行います。

そのため取引が活発に行われていれば、それだけトレードも成立しやすいです。

 

一方で、その取引所がマイナーで、参加ユーザーが少なければ、それだけトレードが成立しづらくなってしまいます。

そうなれば割高でトレードをしなければならない、なんて状況に陥りかねません。

 

流動性といわれると難しく聞こえるかもしれませんが、ようするに

その取引所を利用してリップルのトレードを行っている参加者の多さ

ということです。

取引所ごとに微妙に取引されている値段が変わっているのは、この流動性が関係しているというわけです。

入出金は住信SBIネット銀行から行うと安い!

またリップル購入にあたっての準備段階として、取引手数料やリップルの購入価格だけにとらわれるのではなく、入出金時にかかる手数料も気にしたいところです。

そこで仮想通貨投資を行うならば絶対登録しておきたいのが、住信SBIネット銀行です。

多くの取引所が住信SBIネット銀行と連携しており、住信SBIネット銀行から入金することで手数料無料で入金できてしまう場合が多いです。

 

取引所の中には、そもそも手数料自体を取引所側が負担してくれて、無料で入金できますよ、というところもあります。

ただ、仮想通貨投資においては、リスク分散のためにも複数の取引所を使い分けるのがセオリー。

間違いなく、住信SBIネット銀行は口座開設しておいて損はないです。

 

口座開設・維持費は無料ですので、事前準備としてお持ちでない方は口座開設しておくのがおすすめです。

公式サイト住信SBIネット銀行

リップル(XRP)購入におすすめの取引所ランキング

それでは、今後も価格の上昇が期待されるリップル(XRP)は、どの取引所で購入するべきなのか?

リップル(XRP)購入におすすめの取引所をランキングで紹介します。

取引所の有無、手数料の安さ、使いやすさといった表面的なものはもちろんのこと、セキュリティ面における信頼性、口コミでの評価・評判、サポートの質など総合的なランキング付けしています。

1位:ビットポイント(BITPOINT)

ビットポイントは、株式会社ビットポイントジャパンによって運営されている金融庁にも登録済みの仮想通貨取引所。

親会社は東証マザーズ上場企業の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)ということで、日本最大級の取引所だといえるでしょう。

そのことから以下の通り、上場企業運営ならではのメリットが随所に見られます。

BITPOINTの特徴

  • リップルが取引所で取引可能で、取引手数料も無料
  • 送受金・入金手数料のほか計5つの手数料が無料
  • 取引所では唯一となる電話でのサポートまで対応
  • 高機能トレーディングツールMT4が使用可能
  • 取引サイトも見やすく使いやすい
  • スマホアプリもリリースされており、トレードが可能
  • 二段階認証の完備などセキュリティ面も万全
  • 損益を自動的計算してくれるため、年末の確定申告も楽

取引手数料だけでなく、仮想通貨を送金したり、逆に受けとったりしたときにかかる手数料や入金手数料が無料ということで初心者のお財布にも優しいのが強み。

それだけでなく、ビットコインFXを行う際には、唯一高機能トレーディングツールMT4が使用できる取引所となっており、本格派トレーダーにもオススメ!

 

以前まではリップルの取り扱いはなかったのですが、リップルをはじめアルトコインを多数取り扱い始めたことから人気急上昇中の取引所です。

運営の安心度もNo1の取引所なので、とりあえず登録しておいて損はないといえます。

スマホアプリもリリースされていますので、サクッと携帯でトレードしたい人にもおすすめです。

公式サイトhttp://www.bitpoint.co.jp

2位:ビットバンク(bitbank.cc)

bitbank.cc(ビットバンク)は、ビットバンク社が運営している金融庁に登録済みの取引所。

リップルの取引量が世界一ということで超有名な取引所ですが、その特徴は以下の通り。

bitbank.ccの特徴

  • リップルの取引量が世界一なので、流動性が抜群
  • 取引手数料が全ペア無料
  • その他、アルトコインの種類も豊富
  • セキュリティ専門企業のBitGoと提携し、ホットウォレット(インターネットに常時接続されているウォレットのこと)の安全性も確立

リップルの取引量が世界一なので、流動性が高く、信頼度も抜群です。

他にも多数の人気のアルトコインを取り揃えています。

またビットコインFX専門のビットバンクトレードという取引所もあり、両方登録しておくと連携ができて非常に便利になります。

公式サイトhttps://bitbank.cc

3位:GMOコイン

GMOコインは、FX・株式投資の最大手GMOクリック証券などでもお馴染みな大手IT企業であるGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

もちろん金融庁認可済みの仮想通貨販売所で、その特徴は以下の通り。

普通の仮想通貨取引所ではなく、のGMOコインには以下の特徴があります。

GMOコインの特徴

  • 取引所ではなく“販売所”で、リップルの購入が簡単で価格が分かりやすい
  • サイトやスマホアプリが使いやすい
  • 入出金手数料無料
  • GMOグループが運営でセキュリティ万全

GMOコインは、取引所ではなく、販売所形式ということで、リップルが高いのでは・・・?

と思っちゃいますよね。

たしかに、タイミングによっては、そうなってしまう場合はあります。

必ずしも高くなるというわけではありません。個人的にはそんなに価格差は感じないときもあったりします。

ですが、GMOグループが運営という事で、そのデメリットを上回るサービスの充実度があります。

特に、スマホアプリは使いやすいと評判で、ぜひ一度は手に取ってみたいツールになります。

FXや株のGMOクリック証券を使ったことがある人は、かなり使いやすいと感じると思いますよ。

 

また実は販売所は悪いばかりではなく、価格が明快で確実かつ簡単に購入することができます。

とりわけ初心者は一度使ってもらいたい取引所です。

公式サイトhttps://coin.z.com/jp/index.html

4位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、FXサービスなどでも知られるDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinはほかの取引所とは一線を画した特徴を持っています。

DMM Bitcoinの特徴

  • リップルのレバレッジ取引が可能
  • スマホアプリが使いやすく細やかな分析が可能
  • 入出金手数料無料
  • 大手DMMグループが運営でセキュリティ万全
  • キャッシュバック等キャンペーンも充実

DMM Bitcoinの最大のメリットは、リップルのレバレッジ取引ができてしまうということです。

なお、リップル以外のアルトコインのレバレッジ取引も可能です。

レバレッジ取引とは、自分が持っている資金以上の金額を使って取引を行う事です。

ようはFXのイメージと同じで、リスクは大きくなりますが、短期間でハイリターンが見込めます。

 

じつはこのリップルのレバレッジ取引ができるのは、海外の取引所を含めても数少ないです。

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引の先駆け的な存在なので、利用者も多くて通貨の流動性も抜群。

なので、少し毛色は違いますが、唯一無二の取引所であり、口座開設をしておいて損はない取引所です。

 

逆にデメリットとして、リップルの現物取引をすることはできません。

なので、他の取引所とうまく使い分けていくのが上手い投資のコツです。

公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com

【タイプ別】リップルを購入するならこの取引所がおすすめ!

リップル購入におすすめの取引所をランキングを紹介しましたが、重視するポイントによって、おすすめできる取引所は変わってきます。

どの取引所にも優れている点、劣っている点があり、一概に「あなたにはこれがおすすめ!」とズバッというのは難しいのです。

ずば抜けているところがあるならば、他の取引所はいらなくなってしまうわけなので、当然といえば当然ですよね。

そこでタイプ別におすすめできる取引所を紹介しますので、参考にしてみてください。

総合力を重視する場合

取引手数料の安さ、サイトの使いやすさ、運営会社の安心度、セキュリティ面、スマホアプリがあるか・・・など総合的なものを重視する場合。

おすすめはやはり、

になります。

 

比較的新しめ菜取引所ではありますが、上場企業運営ということで、安定感が抜群です。

リップル取引量を重視する場合

リップルの取引量を重視する場合。

おすすめは、

になります。

 

やはり昔からリップルの取引といえばココという感じで、リップルの取引量も世界一を記録しています。

そういう面での安心感を求めるならば、ビットバンクがあっていると思います。

リップルを簡単に購入したい場合

ごりごりに板を見てトレード、とかではなく、とりあえずリップルが買いたいんだ!という場合。

販売所でリップルが購入できる

を利用するのがおすすめです。

 

リップルの購入方法が単純明快で、サイトも使いやすいので簡単に購入することができますよ。

リップルのレバレッジ取引がしたい場合

リップルのトレードで短期間で大儲けしたい!という場合。

リップルのレバレッジ取引ができる

がおすすめです。

 

DMM Bitcoinなら少額の資金を使って、何倍もの資金でリップルをトレードすることが可能となります。

ただし、その分、リスクは高くなりますので、その点はご注意を。

迷ったらまずは使ってみるのがおすすめ

迷ったら、基本的にまず使ってみるのがおすすめです。

なぜならすべての取引所が、口座開設費・維持費無料で利用できるからです。

気兼ねなく使用できるわけなので、試さない手はないでしょう。

 

またそもそもリスク分散のために、複数の取引所を使用してトレードをするのはセオリーです。

気になったところは、とりあえず登録してみる、ぐらいでいいかと思いますよ。

海外の取引所でリップル購入するなら?

BINANCE

リップルを海外の取引所で購入したいという場合。

もちろん海外の取引所でも取り扱いはあるので、買うことができます。

 

リップルが買える海外取引所で、おすすめどころは人気ナンバー1の取引所BINANCE(バイナンス)

BINANCEでは、リップルをはじめ日本国内の取引所では買えないような通貨も取り揃えています。

そういった意味でも、とりあえず口座を開設してのぞいてみるというのも手です。

日本語にも対応している取引所なので、初心者にも優しいです。

 

ただし、海外の取引所では、ビットコインを利用してリップルを購入する形になりますので、日本円で購入したい場合は

  1. 日本の取引所で日本円でビットコインを購入
  2. バイナンスにビットコインを送金
  3. ビットコインでリップルを購入

というステップを踏む必要がありますので、いずれにしても国内の取引所は必要になります。

公式サイトhttps://www.binance.com

海外FX業者1位のXMで14万円以上のボーナス特典配布中

XMは海外の証券口座で人気1位のFX業者なんですが、口座開設して簡単な手続きをすませるだけで最大14万3000円が無料で貰うことができます。

いつまでキャンペーンが続くか分からないため早めにゲットしておいた方がいいです。

日本のFX業者ではできない高レバレッジで取引できるメリットもあるので、どうせ開設することになると思いますし。

詳しいやり方は以下にて解説していますので、チェックしてみてください!

\14万円のキャッシュバックキャンペーン中/

XMのFX口座開設キャンペーンに登録して特別ボーナスを獲得する方法

XMTradingの口座開設する方法が分からない。 登録できないんだけどどうすればいい? こんな疑問に答えて、XMのFX …

続きを見る

-リップル

Copyright© ToushiBlog , 2019 All Rights Reserved.