トークン

トークンと仮想通貨の違いとは?取引所での買い方やおすすめの種類一覧

投稿日:2018年3月4日 更新日:

「トークンっていう単語は聞いたことあるけど、仮想通貨とどこが違うの?」

「Zaifトークンが話題になっているけど、Zaifトークンはどうして人気があるの?」

このようにビットコインなどの仮想通貨の取引はしたことがあるけど、トークンについてはよく知らない方は多いと思います。

 

ここではトークンとは何かについて、トークンの特徴や将来性を説明しつつ、仮想通貨との違いを見ていきます。

また日本の取引所で購入できるトークンの種類一覧とおすすめの銘柄、さらにトークンの買い方について、具体的に解説していきます。

トークンが購入できる国内取引所

仮想通貨におけるトークンとは何か?

トークンと仮想通貨との違いも気になるところですが、まずはトークンとはそもそも一体何なのかということから順にみていきましょう。

そもそもトークンとは何なのか?

仮想通貨関連の話題で用いられるトークンという言葉は、仮想通貨の一種のことをあらわしています。

トークンは仮想通貨の技術であるブロックチェーンを用いて発行されていて、企業や取引所が独自に発行しています。

たとえば、国内の大手仮想通貨取引所であるZaifを運営するテックビューロ社が発行するZaifトークン(ZAIF)やBINANCE(バイナンス)のトークンであるバイナンスコイン(BNB)などが有名です。

トークンの特徴

トークンは、企業や取引所が独自に発行する通貨であり、例えていうならば、地域通貨と同じような特徴をもっています。

つまり、

  • トークンの発行体が独自に管理をする
  • トークンの使用できる用途には制限がある

という点が挙げられます。

 

例えとして挙げた地域通貨では、ある限られた地域でしか発行できませんし、その限定された地域でしか使うことができないため認知度が低いことが多いです。

そのため、なかなか普及しないデメリットがあります。

 

しかし、地域通貨はその地域で管理されているものですから、通貨発行量の管理をおこなうことができます。

さらに通貨を用いて買い物した人に特典をつけたり、なんの制限もなく地域通貨を管理するものたちによって自由に仕組みを作ることができるというメリットがあります。

 

トークンに話を戻すと、地域通貨と同様に、トークンにも使用の制限があり、どこにでも流通していて、どこでも使えるわけではありません。

例えば、取引所が発行するトークンであれば、発行元の取引所でなければそのトークンを使うこともできませんし、トークンを購入することもできないなどの不便さがあります。

 

一方で、トークンを発行する際にはその発行元によって流通しているトークンの量を調節することができる上、そのトークンをどのように使うことができるかなどを発行する企業などが決める自由さがあります。

 

また、トークンは株にたとえられることもあります。

これは、企業がトークンを発行することによって資金調達をできるという面と、企業の価値を反映して株価が上昇するのと同じようにトークンの価値が高まる可能性があるからです。

仮想通貨とトークンの違いは何?

もっとも気になるのはトークンと仮想通貨の違いは?ということだと思いますが、実は、仮想通貨とトークンの違いはあいまいです。

その理由は、仮想通貨もトークンもブロックチェーンの技術をもちいて発行されているからです。

 

仮想通貨の分野においては、仮想通貨であるビットコインやイーサリアムはそれぞれビットコイン独自のブロックチェーン技術から発行された通貨であり、イーサリアムもイーサリアム独自のブロックチェーン技術から発行されている通貨です。

一方、トークンとはすでに存在する(例えばビットコインなど)のブロックチェーン技術をもちいて通貨が発行されるものなのです。

 

つまり、仮想通貨とトークンの違いを説明するならば、

  • 仮想通貨とは、他にはないその仮想通貨独自のブロックチェーン技術を基礎としている
  • トークンとは、すでに存在する仮想通貨のブロックチェーン技術を用いて発行される

ということなのです。

 

例えばZaifトークン(ZAIF)がトークンといわれるのは、既存のブロックチェーン技術を使ったものであり、もともとの技術はNEMのブロックチェーン技術なのです。

上の違いから判断すると、NEMは仮想通貨であり、ZAIFはトークンと区別することができます。

参考:ネムコイン(NEM/XEM)とは|仮想通貨取引所での買い方・購入方法

投資家にとってのトークンを購入するメリットは何?

トークンを持つことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットを3つ挙げてみます。

  • トークン自体が価値をもつ
  • 値上がりする可能性がある
  • 購入者特典がある場合も

このようにトークンを保有することにメリットがあるため、トークンが発行されてから間もないときでも購入する理由となるわけです。

メリットをそれぞれみていきましょう。

トークンに価値がある

トークンは通貨であることにはかわりませんのでトークン自体は価値をもちます。

たとえば、トークンを日本円で購入し、さらにそのトークンを使ってビットコインなどの仮想通貨を購入できます。

よって、トークンには通常の貨幣や地域通貨と同じように、トークン自体に価値があり、さらに交換可能な性質を持ちあわせているといえます。

値上がりする可能性

トークンは企業や取引所が独自に発行したものです。

発行したばかりのトークンは認知度も低く、どのような取引や特典があるのかがわからないために価値が低く、安く購入することができます。

しかし、トークンを発行した企業が急成長して知名度があがったり、トークン自体の使い勝手がよくなりさまざまな取引所で購入して購入したいという人が多くなれるとトークンの価値が上がり、値上がりします。

そのため、トークンが発行されたばかりの早い段階で入手し、トークンの値上がりを待つことも可能です。

購入者特典がある場合も

トークンは企業やグループが独自に発行しているものですから、その使い方に制限が設けられているわけではありません。

よって、トークンを購入して保有していると預金の金利のように保有者にトークンを付加してあげる、トークンを用いて仮想通貨の購入や送金をすると割引になったり、そのトークンの発行元独自のサービスを提供することが可能になるのです。

日本の取引所で購入可能なトークンの種類一覧

それでは、ここで日本国内の仮想通貨取引所で購入可能なトークンをみていきましょう。

日本の取引所で購入可能なトークンの種類には下記のようなものがあります。

  • Zaifトークン(ZAIF)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • ストレージ(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ゼン(JPYZ)
  • コムサ(CMS)
  • キャッシュ(QASH)

おすすめどころはどれかというと、儲けられるかは購入するタイミングによって変わりますが、代表的なものはZaifトークン(ZAIF)、コムサ(CMS)、キャッシュ(QASH)あたりになります。

各トークンの詳しい特徴説明については下記記事も参考にしてみてください。

参考:Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・仮想通貨の種類

 

トークンは前述した通り、会社が独自に発行するものになりますので、今後は仮想通貨業界の広がりに伴い、トークンの種類もさらに増えていくと期待されています。

なので、随時、トークンを取り扱うZaifなどでトークンの種類をチェックすることをおすすめします。

トークンの買い方!国内の取引所で手に入れる方法

では、「どこでトークンを購入できるのか?」という疑問が湧いてきそうですが、実は仮想通貨と同じように取引所で購入することができるのです。

ただ、上で説明したように、トークンは基本的に限られた取引所のみで扱われていますので、取引所への登録をする際には注意が必要です。

 

日本国内の仮想通貨取引所であれば、

これら2つの取引所の口座を開設しておけば、全種類を手に入れることができます。

中でも、Zaifは群を抜いた数のトークンの銘柄を取り扱っていますので、トークンに興味がある方はまずはZaifから利用されると良いでしょう。

 

ここからは、具体的に

  • Zaifで購入できる『Zaifトークン(ZAIF)
  • QUOINEXで購入できる『キャッシュトークン(QASH)

それぞれを購入する手順について順番に解説していきます。

Zaifのトークンを購入する方法

Zaifは日本の取引所のなかではもっともトークンの種類が豊富に取引できます。

特にZaifトークンであるZAIFはZaifを運営している会社であるテックビューロ社への期待から注目が集まっているトークンです。

今回はZaifトークンを例にして、買い方を見ていきましょう。

 

まず、Zaifのウェブページからログインし、取引所に移動したあと、通貨選択のプルダウンメニューでトークンを選ぶと、取引できるトークンの一覧がでてきます。

 

日本円で購入できるのは9種類、ビットコインで購入できるものが8種類あり、日本の取引所の中では最多です。

参考:Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・仮想通貨の種類!銘柄一覧と買い方を解説

 

銘柄を選んだら、続いて、注文を行っていきます。

例えば、円でZAIFを指値注文で購入しようとするときを考えてみます。

まず価格を入力するか、板画面の気配値をクリックすればその値段が購入価格のボックスに自動で入力されます。

それから買いたい数量を入力した後に買い注文をクリックすれば指値のオーダーが発注できます。

 

あとは、指値になるまで待てばOKです!

 

どうでしょう?仮想通貨と買う手順はまったく同じですよね?

Zaifトークン以外のトークンに関しても同じ買い方で購入できますので、ぜひ試してみてください。

QUOINEXのトークン『QASH』を購入する方法

次に、QUOINEXの取引所でQASHを購入してみましょう。

 

取引所の画面を開き、「全マーケット」から取引可能な銘柄をみるとそのなかにキャッシュ(QASH)というトークンをみつけることができます。

 

円を支払ってQASHを購入してみましょう。

全マーケットのなかからQASHJPYをクリックすると以下のようなQASHの取引画面がでてきます。

 

購入のウィンドウにて、購入価格を入力もしくは板をクリックするとその板の価格と数量がそのまま自動的に入力されます。

板をクリックして価格と数量を自動入力させる機能は便利ですが、その板をすべて購入する注文になりますので、大量発注する可能性があって危険です!

なるべく自分で購入価格と数量を入力するようにしましょう。

 

購入価格を入力し数量を入力後、「QASH購入」をクリックすると注文が入ります。

以上、QUOINEXでも「意外とすんなりトークンって購入できるんだな」、なんて思いませんでしたか?

なお、Zaifでは複数の種類のトークンが購入できましたが、QUOINEXの取引所で購入できるトークンは、独自のトークンであるQASHのみになります。

海外の仮想通貨取引所のおすすめトークンは?

ちなみに、日本国内の仮想通貨取引所以外も視野に含めると、海外の取引所にもトークンはあります。

例えば、日本人の多くが利用しており、世界最大規模の取引所としては、

が挙げられます。

 

そんなバイナンスが発行するのが『バイナンスコイン(BNB)』というトークン。

このトークンを持っていると、バイナンスで取引を行う際、手数料が激安になるというメリットがあります。

なので、海外の取引所で最初に購入するトークンとしては、『バイナンスコイン(BNB)』が一番おすすめだと言えますね。

 

ある程度慣れてきたら、海外の取引所も利用してトークンを買ってみるのもオススメですよ。

参考:バイナンス(BINANCE)の登録方法

参考:Binance(バイナンス)の評判とメリット

トークンとは何かのまとめ

ここでは、仮想通貨におけるトークンに関して解説をしてきました。

いかがでしょうか?

トークンには仮想通貨とは一味違った保有するおもしろさがあると感じましたでしょうか?

まとめると、

  • トークンの特徴である発行元の自由裁量のきく仮想通貨の一種
  • 仮想通貨とトークンの違いは、独自のブロックチェーン技術をもつか、それとも既存のブロックチェーン技術を使っているかの点で異なる

ということでした。

国内の仮想通貨取引所では、Zaif取引所とQUOINEX取引所にてトークンの取り扱いがありますので、トークンを購入したいという方はまずは登録から始めていきましょう。

トークンが購入できる国内取引所

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

使いやすくて手数料が安いおすすめFX業者

DMM FX

トレーディングツールが豊富で使いやすい

スプレッド(手数料)が最安値

チャートが使いやすく直観的な注文や操作が可能

スマホアプリが使いやすい

GMOクリック証券

FX取引高日本1位の国内最大手FX業者

スプレッド(手数料)が最安値

ドル円のスワップポイント(金利)が最高値

スマホアプリが使いやすい

OANDA Japan

高機能トレーディングツールMT4が使用可能

MT4スプレッド(手数料)が世界最狭水準

MT4を使った細やかな分析が可能

スマホ・タブレット版のアプリが使いやすい

-トークン

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.