カウンターパーティー

カウンターパーティー(トークンXCP)とは?仮想通貨取引所での買い方

投稿日:

国内の大手仮想通貨取引所Zaifで取り扱われているトークンのひとつであるカウンターパーティー(Counterparty)

 

気になっているけど、どんなトークンなのかよく分からない・・・

という人も多いのではないでしょうか?

実はこのカウンターパーティー、トークンを発行できるという非常に大きい強みを持った仮想通貨なのです。

 

今回は仮想通貨のカウンターパーティー(Counterparty/通貨単位XCP)とはどんなトークンなのか、その特徴や使い道・メリットなどをまとめて紹介します。

また国内の仮想通貨取引所Zaifで購入する方法・買い方も画像付きで解説しますので、買い方が分からないという人も参考にしてみてください。

カウンターパーティー(XCP)が購入できる取引所

カウンターパーティーとは?XCPトークン

カウンターパーティー

仮想通貨におけるカウンターパーティー(Counterparty)とは、通貨単位をXCPとあらわし、ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン技術をもちいたトークンです。

厳密にはカウンターパーティーという名称はプラットフォームをさし、XCPはそのプラットフォームで使用される通貨を示しているのですが、以下では同義として扱っていきます。

 

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はそれぞれ独自のブロックチェーン技術を有している一方で、カウンターパーティーは独自のブロックチェーン技術をもたず、ビットコインのブロックチェーン技術をもちいているためトークンと呼ばれています。

さらに、カウンターパーティーはビットコインの機能をベースに、他の機能も備わっているトークンなのです。

参考:トークンとは?仮想通貨との違いまとめ

 

カウンターパーティーにはマイニング等によるトークン発行はありません。

その代わり、POB(proof-of-burn)という過程で発行されるのです。

カウンターパーティーの公式ウェブサイトに「なぜproof-of-burn?」という説明があります。

ここでは、なぜビットコインを壊すもしくは「燃やす」(burn)することによってカウンターパーティーを発行させるか、という理由が書かれています。

 

細かい説明は割愛しますが、ビットコインよりもカウンターパーティーの価値を認めたひとだけにカウンターパーティーを発行する方針であり、ビットコインを匿名のアドレスに送ることでそのビットコインを再び使えないようにすることによりカウンターパーティーを発行しているのです。

 

つまり、ビットコインを破棄してでもカウンターパーティーの有用性を認めたものがカウンターパーティートークンを入手できるという斬新なアイデアで発行されているのです。

カウンターパーティー(XCP)の時価総額

XCPの発行枚数

カウンターパーティー(XCP)の発行枚数は、2014年1月に約260万XCPが発行されています。

他の銘柄に比べると、少なめの値となっています。

カウンターパーティーの特徴・使い道・メリット

カウンターパーティーの特徴・使い道・メリットとなる部分について見ていきましょう。

簡単に独自のトークンを発行できる

カウンターパーティーの特徴は何といっても、簡単に個人単位でトークンを発行できる点にあるといえます。

 

ビットコインのブロックチェーン技術をもちいるため、ビットコインも必要ですが、カウンターパーティートークンを使用することでその人独自のトークンを作ることが可能なのです。

 

実際、カウンターパーティーのウェブサイトにカウンターパーティーから発行された独自のトークンをもちいたコミュニティが複数紹介されています。

 

たとえば、オンラインゲームで遊んでくれた人にカウンターパーティーから作られた独自のトークンを渡したり、そのオンラインゲームでそのトークンを使用したりして、コミュニティを形成させることも可能です。

 

しかも、ビットコインとカウンターパーティーを使用し、個人でもできる簡単な手続きでコミュニティ独自のトークンを発行することができますので、容易にコミュニティを形成することができるのです。

 

また、有名なトークンとしてZaifトークンPepecashトークンがありますが、これらもカウンターパーティーから作られたものなのです。

スマートコントラクトを備えている

ビットコインはシンプルな決済しかすることができませんが、カウンターパーティーはイーサリアムなどと同じく、スマートコントラクト(契約の自動保存・執行)の機能を有しているため、契約とその履行をおこなう際に有用です。

 

資産の売買や交換においては、盗難の可能性や代理人への不信感があるものです。

 

しかし、カウンターパーティーでは、そのような仲介者の役割を必要とせず、コスト、時間や第三者への信頼性を気にすることなくカウンターパーティープロトコルをもちいて執行することが可能となります。

 

支払いなどのトランザクションには送信者と受信者双方の契約が合わない限りは実行されないようにプログラムすることができるため、安全に取引できるのです。

カウンターパーティー(XCP)のチャート相場と過去の値動き

では、カウンターパーティー(XCP)のチャート相場から過去の値動きをみてみましょう。

 

2017年に入ってから、仮想通貨全般への認知が広まり、トークンの有用性も理解されるようになって価格が上昇しました。

 

カウンターパーティーに関しても同様の値動きをしており、2017年前半から取引量が徐々に増えてきています。

そして、2017年の後半にかけての売買量が急増し、その結果として2017年末にはほぼすべての仮想通貨が暴騰し、カウンターパーティーもそれに追随し上昇しました。

その結果、2018年に入るとすぐに、反動のため急落を経験しています。

 

取引量が増えたとはいえ、まだまだカウンターパーティーの認知度は改善の余地があるといえます。

引き続き取引量が伸び、かつ仮想通貨の一形態ではなくカウンターパーティーの特徴や有用性に目が向かい始めるときに再びカウンターパーティーの値上がりを期待することができるのではないでしょうか。

ビットコイン建のチャートもチェック

カウンターパーティーの価格をみるときには、日本円建でだけでなく、かならずビットコイン建でも価格をチェックするようにしましょう。

カウンターパーティーはビットコインの技術をもちいていますし、POBでビットコインを放棄することで発行されるトークンであるため、ビットコインとの相対価値を確認する必要があります。

 

こちらがビットコイン建のカウンターパーティー(XCP)の価格をあらわしています。

 

現在、ビットコイン建でみると、カウンターパーティーの価格は過去最低の値に近づいています。

 

カウンターパーティーはビットコインよりも優れた機能を兼ね備えているため、明らかにビットコインよりは幅広い用途に使われるはずです。

しかし、ビットコインと比較するとやはり認知度や流通度が劣っているために相対価値はまだまだ低い状況にあるといえます。

 

今後、ビットコイン建のカウンターパーティーを確認することで、カウンターパーティーの大衆への広がりを確認しながらカウンターパーティーの売買をしてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、ビットコイン建カウンターパーティーの価格が最安値に達するときが仕込みどきかもしれませんが、あくまで投資は自己判断です。

カウンターパーティーの今後の将来性は?

カウンターパーティーの今後の将来性について。

 

将来的な広がりの可能性は、カウンターパーティーのプラットフォームをどのような大きなコミュニティが活用していくかにかかっているのではないでしょうか。

 

上でも述べましたが、カウンターパーティーにはビットコインにはない拡張性のある機能が追加されています。

 

さまざまな取引所で売買が広がり、取引量だけでなくその有用性を評価し、採用する大きくて影響力のあるコミュニティが誕生するとさらにカウンターパーティーの認知度は高まると期待されています。

 

そうなると値上がりすることも予想されます。

カウンターパーティー(XCP)の買い方・購入方法

それでは次にカウンターパーティーの買い方・購入方法を説明しましょう。

カウンターパーティーの取り扱いがある取引所

カウンターパーティーを購入できる取引所は日本の取引所であれば「Zaif(ザイフ)」のみです。

参考:Zaifの評判・評価・特徴まとめ

他の取引所では取り扱いがないため、Zaifに未登録の方は事前に登録しておくようにしましょう。

 

ちなみに海外取引所ならば「Bittrex」や「Poloniex」で取引可能です。

 

こちらはBittrexのカウンターパーティー取引画面です。

 

これはPoloniexのカウンターパーティー取引画面です。

 

初心者にとっては、いきなり海外取引所はハードルが高いので、まずはZaifを利用して慣れてから、少しずつ使い始めてみるのがおすすめです。

今回はZaifにおいてカウンターパーティーを購入する方法を解説していきます。

Zaifでカウンターパーティーを購入する方法

Zaif(ザイフ)の口座開設が終わったら、マイページにログインして、まずは、「取引」をクリックして取引所に移動します。

 

 

次に、取引する通貨を選択するため、プルダウンメニューから「トークン」を選ぶとトークン一覧がみえますので、この中から「XCP/JPY」を選択します。

「XCP/JPY」を表示させると、画面右側に「XCP/日本円取引」があらわれ、注文画面となります。

 

今回は成行注文を執行してみたいと思います。

 

XCPを買いたい場合には、「XCPを買う」をクリックして、買い注文の画面を確認します。

そして、成行注文をするために、「成行」をクリックし、注文する数量を入力したら準備完了です。

あとは、「買い注文」をクリックするだけでXCPを購入できます。

 

他の仮想通貨・トークンに関しても同様に購入することができますので、ぜひ試してみてください。

参考:Zaifの取り扱い通貨まとめ

まとめ

ここではカウンターパーティーについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ビットコインにはない機能を備えたカウンターパーティートークンは、独自トークンの発行を容易にできたり、スマートコントラクトを兼ね備えているユニークなトークンでした。

まだまだ認知度と有用性が評価されているとはいえない状況ですので、将来性を考えてポートフォリオの一部にカウンターパーティーを追加するというのも選択肢のひとつですね。

なお、カウンターパーティーが購入できる日本国内の取引所は『Zaif(ザイフ)』のみとなっています。

参考:Zaifの登録方法・口座開設の流れ

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

-カウンターパーティー

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.