ビットコイン

仮想通貨やビットコインとは何か?仕組みや特徴をわかりやすく解説

投稿日:2017年12月19日 更新日:

最近になってよく聞く「仮想通貨」。

仮想通貨バブルなんて言われているほどで、投資を考えている方も多いと思います。

一方で、仮想通貨とは実際にどんなものなのか知らない人、かなり多いのではないでしょうか。

投資するにあたっては、しっかりとどんなものか理解してからお金をつぎ込みたいところ。

というわけで、具体的に仮想通貨とは何なのか、なぜ儲かるのか、投資初心者に向けて、できる限り、わかりやすく解説していきたいと思います!

また1000種類以上ある仮想通貨の代表『ビットコイン(Bitcoin)』の仕組みや特徴、購入方法からおすすめ取引所までまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨とは何なのか?

仮想通貨とは、どんなものなのか、その用語説明としては以下の通り。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。

要はわかりやすく捉えれば、インターネット上での売買に使用できるお金ということですね。

仮想通貨はインターネット上のデータ

仮想=バーチャルという言葉の通り、仮想通貨はインターネット上のデータで、紙幣や硬貨のように実体はありません。

ただデータを二次元バーコードにして、紙にプリントアウトして使用するといったことは可能になります。

身近のもので例えると、スイカとかパスモといった電子マネーと同じようなものと思えばわかりやすいでしょう。

仮想通貨は1000種類以上存在する

仮想通貨=ビットコイン(Bitcoin)というイメージが強いかもしれませんが、仮想通貨はビットコインだけを指したものではありません。

仮想通貨の種類は1000種類以上あるとされ、その代表的なものとして挙げられるのがビットコインなのです。

もちろん仮想通貨はこうしている間にも現在進行形で爆発的に増え続けていますので、種類数はあくまでも目安ですね。

また現在はビットコインが代表格ですが、今後、ビットコインよりも代表格とされる仮想通貨が現れる可能性もあります。

まだまだ発展途上の市場ということですね。

仮想通貨として有名なビットコインとはどんなお金?

ビットコインは現在、業界で最もシェアが大きく有名な仮想通貨です。

中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始されると、いまでは耳にしたことがない人はいないぐらいの仮想通貨の代表格に。

「サトシ・ナカモトを名乗る」という書き方なのは、この人物が

  • 日本人なのか?
  • 一人の人物なのか?

など未だに正体不明の人物だからです。

 

そんなビットコインの正体はインターネット上で使うことができるデジタル通貨になります。

とは言っても、厳密に言うと、ネット上だけでなく、ビットコイン導入店であれば、店舗でも使用することが可能な通貨となっています。

このことは大手家電量販店のビックカメラでビットコイン決済が利用できるようになったなどニュースにもなりましたね。

 

日本では、仮想通貨法によってお金として認められているものになりますが、いまだに通貨として認められていない国もあります。

仮想通貨バブルなんて言われている今がピークかのように思えますが、まだまだこれから広がりを見せる可能性がある仮想通貨ということですね。

通貨単位はBTC

仮想通貨にはそれぞれ種類ごとに通貨単位があります。

ビットコインの場合は、それがBTC(ビーティーシー)となります。

取引所ではこの表記で書かれていることが多いので、BTCと見かけたらビットコインのことなんだなと捉えてください。

なお、取引の最小単位は1BTCというわけではなく、0.1、0.01のように細かく分けることができます。

今では1BTCは日本円にして200万円を超える値段ですが、このように細かく分けることでそれだけの資産がない方でも手に入れることができます。

ビットコインのわかりやすい解説動画

ビットコインについて、取引所で有名な『bitFlyer』によるわかりやすい解説動画がありましたので、ぜひご覧ください。

動画の内容をまとめると以下の通り。

  • ビットコインはインターネット上で使えるデジタル通貨。
    • 銀行を通じた取引ではなく、個人間での直接の取引なので、低い手数料ですぐに送金できる世界共通通貨。
  • ビットコインは発行の上限枚数が決まっており、プログラムが自動的にインフレを防止している。
  • 電子マネーなど特定の企業が発行するものではないため倒産リスクはない。
  • ビットコインはデジタル財布に貯蓄されていく。
    • 送金時には、自身の電子署名が添付され、その取引は多数の第3者により自動的に承認され、偽造や二重払いが防止されている。
    • 使用にも条件はなく、クレジットカード番号などを知らせることなく、ショッピング、ポイントとの交換、日本円との交換などができる。
  • ビットコインは誰でも「マイニング」という採掘ができ、これが上記ビットコインの仕組みを支えている。

ビットコインの特徴と仕組み

ビットコインの特徴として、注目すべきポイントを抜粋して紹介します。

特定の管理者はいなく、利用者全員で管理

通常の通貨は管理する機関が存在します。

円で言えば、日銀が挙げられますよね。

 

しかし、ビットコインには政府、中央銀行など管理している特定の存在はありません。

利用者全員で管理しているのです。

専門用語で言えば、これを「P2P(ピア・ツー・ピア)システム」と言います。

参照:https://www.wowza.com/

当事者同士がインターネット上で直接やり取りを行うのです。

 

そのため、

  • 個人間の取引のため手数料が低い
  • 世界共通通貨で両替が不要

などのメリットがあります。

ブロックチェーンが不正を防ぐ

逆に管理者がいないと何かあったときに危ないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この点は

ブロックチェーン(分散台帳)

とよばれる技術が支えています。

ブロックチェーンとは、仮想通貨の全ての取引履歴のデータを記録する台帳のこと。

その名の通り、データのブロックをチェーン(鎖)状に保存していくため、ハッキングや改ざんが難しく、信頼性が高いのが特徴となっています。

そのため、不正や改ざんといったことができないような仕組みができているのです。

マイニング(採掘)が可能

ビットコインは、マイニング(採掘)と呼ばれる行為が誰でもできるようになっています。

マイニングとは、わかりやすく言えば、

ビットコインを生み出す行為

になります。

以下がビットコインマイニングに関する詳細な説明です。

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

これだけ見ると、

マイニングしまくればビットコインが増やしまくれて儲かるのでは?

と思ってしまいますよね。

 

しかし、実際は

  • ビットコインの発行総量は事前に2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることない
  • これにより採掘(マイニング)によって発行される量も調整され、貰える報酬も限られている

といったことから、それは難しいです。

これは発行数が増えすぎてインフレが起こることを避けるための仕組みなので仕方のないというか、なくてはならない仕組みになります。

 

そうなるとマイニングにかかる電気代などとの差し引きで、結果的に、赤字になることも・・・

マイニングすればビットコインが貰えるといっても、それだけで儲かれるほど簡単な話ではないということですね。

ビットコイン(仮想通貨)は株やFXのように投資・取引が可能

そしておそらくほとんどの方が気になっていると思われるが、ここから。

ビットコインをはじめと仮想通貨は株式投資やFX(外国為替取引)と同じように、投資・トレードすることが可能となっているのです。

ビットコインの価値の爆発的な上がり方

以下、現時点での日本円とBTC(ビットコイン)のチャートをご覧ください。

縦軸が1BTCあたりの日本円の額で、横軸が時間になります。

ビットコインの価値が右肩上がりに上がり続けていることが分かりますね。

2017年12月時点での1BTCあたりの値段は200万円をオーバーしています。

 

一方でこちらのチャートをご覧ください。

これは2017年5月付近の日本円とBTC(ビットコイン)のチャートになりますが、ご覧の通り、この時点では1BTCあたりは15万円という値段でした。

つまり、2017年5月の時点で1BTCを保有していた人は、単に持ち続けていただけで、

12月の時点で200万円近くの利益を手にしている

というわけです。

もっと言えば、ビットコインの取引が開始された頃は「1BTC=約6円」ほどでした。

 

そんなわけですから当然、仮想通貨の投資で億万長者に成り上がった、通称「億り人」になっている人が続出しているのです。

これが今、空前の仮想通貨バブルが起きていると言われている所以です。

今は仮想通貨バブルの時代!ただしリスクの把握も重要

こんなことを聞いてしまうと、

「今年の初めにビットコインを買ってれば・・・」

と後悔している方も多いと思いますが、今からでも全然遅くありません。

仮想通貨市場はまだまだ小さく、発展途上中の市場なのです。

投資の検討をしている方は参入する価値は十分にあると言えます。

 

ただしあくまでも投資なので、大きく儲けることがあれば、大きく損することも当然あります。

今が仮想通貨バブルなら崩壊する可能性もありますからね。

きちんとしたリスク管理のもとで参入していきたいところです。

仮想通貨(ビットコイン)の購入方法

仮想通貨について色々と分かったところで、さあ投資だ!となった方は、取引所に登録する必要があります。

株やFXでいう証券口座にあたるものですね。

ビットコインをはじめ、仮想通貨はこの取引所にて売買を行う形となります。

そして株・FXと同様に、取引の際はこの取引所に一定の手数料を支払う形となります。

取引所選びのポイント

ビットコインの仮想通貨の取引所といっても、ざっと10社以上存在し、仮想通貨の種類と同じく現在進行形で増え続けています。

取引所を選ぶ上で何と言っても重要視しなければならないのは、

セキュリティが万全かどうか?

ということです。

仮想通貨はデータな訳ですから、取引所のセキュリティの脆弱性によって資産が無くなってしまったら悔やんでも悔やみきれません。

では、どこを選べばセキュリティ的に安心なのかというと、この点に関しては、大手で利用者の多い取引所を利用すれば間違いないと言えるでしょう。

損失や盗難された際の補填もしてくれるところはなおよし!

bitFlyer』は「不正ログインにかかる損失補償」を開始したことで話題になりました。

複数の取引所を開設しておく

その上で、大手で利用者の多いの複数の取引所を利用できるような状態にしておくのがベストです。

というのも、取引所によって

  • アプリが使いやすさ
  • レバレッジ取引の可能の有無
  • 取引銘柄の多さ
  • 取引量の多さ
  • 手数料が高さ

など細かい違いがあるから、代表的なところをいくつか開設しておくべきなのです。

 

トレードに慣れてきたら、

「チャートはこっちの方が見やすいけど、こっちの方が手数料は安いから取引はこっちをで。」
「いつもこの取引所を使っているけど、取引したいコインがないから今回はこっちで。」

みたいな感じで使い分ける感じになるのがほとんど。

実際、多くのトレーダーは複数の取引所を利用しています。

 

取引所の開設は郵送確認がありますので、時間がかかります。

開設するだけなら無料ですので、最初にまとめて開設しておくのがオススメです。

これを選べば間違いなし!おすすめ取引所

これらか仮想通貨の投資を行う方でどの取引所を使おうか迷っているという方のために、とりあえずこれらに登録しておけば間違いない!というものを紹介しておきます。

全て多くの利用者が利用している名の知れた取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で初めて設立された国内最大手の取引所

レバレッジをかけたビットコインFXの利用が可能

モナコインやライトコインなどアルトコインの取引銘柄も豊富

盗難・損失の際の補償サービスあり

Zaif(ザイフ)

ビットコイン以外の取り扱い通貨にも取引所があり手数料が安い

ネム(XEM)などアルトコインのほか、独自トークンの取り扱いもあり

ビットコインをクレジットカードで購入することも可能

毎月1000円からのZaifコイン積立が可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

仮想通貨・ビットコインとは何かのまとめ

今回は仮想通貨・ビットコインとは何なのかについてまとめてみました。

ビットコインをはじめとする仮想通貨業界は今後もまだまだ盛り上がりを見せていくと思います。

また新しい情報が入り次第、どんどん更新していきますね!

主要通貨が取引可能!おすすめ仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

高機能トレーディングツールMeta Trader4(MT4)が使用可能

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能

bitbank.cc(ビットバンク)

セキュリティー性が高く、手数料が安い

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などアルトコインが取引所で購入可能

指値注文が可能でチャートが使いやすい

追証なしでビットコインFXが利用可能

GMOコイン

レバレッジ最大25倍、追証なしでビットコインFXの利用が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が初心者にも使いやすい

販売所なのにスプレッドは安い、入出金手数料も無料

イーサリアム・リップルなど主要アルトコインの取り扱いあり

DMM Bitcoin

ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能

リップル(XRP)、ネム(XEM)など人気通貨の取り扱いあり

PC画面は見やすく、スマホアプリも使いやすい

入出金手数料が無料でセキュリティ性も高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン

独自トークンQASHが購入可能

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などアルトコインの取り扱いあり

セキュリティー性が高く、取引手数料が安い

レバレッジ最大25倍の取引が可能でスマホアプリにも対応済み

使いやすくて手数料が安いおすすめFX業者

DMM FX

トレーディングツールが豊富で使いやすい

スプレッド(手数料)が最安値

チャートが使いやすく直観的な注文や操作が可能

スマホアプリが使いやすい

GMOクリック証券

FX取引高日本1位の国内最大手FX業者

スプレッド(手数料)が最安値

ドル円のスワップポイント(金利)が最高値

スマホアプリが使いやすい

OANDA Japan

高機能トレーディングツールMT4が使用可能

MT4スプレッド(手数料)が世界最狭水準

MT4を使った細やかな分析が可能

スマホ・タブレット版のアプリが使いやすい

-ビットコイン

error:

Copyright© 仮想通貨・FX・株式投資|初心者から始めるトレーダー生活 , 2018 All Rights Reserved.